2016年03月17日

現代に生きる木版印刷〈煮雨山房芸術文化有限公司〉

2016年1月11日(月曜日)

姜尋さんの木版印刷の工房「煮雨山房」を訪問。

calendar03-1.jpg

木版印刷とは、木の板に文章または絵を彫って版を作る、凸版印刷の一種である。中国では雕版印刷というそうだ。


「煮雨山房」見学

1 彫刻

木版印刷の版木。作業中のもので、左側が彫り終えた行、右側がこれから彫る行。写真ではわかりづらいが、薄い紙に文字を書いて、それを裏返しにして貼っている。

calendar03-2.jpg

彫刻刀で版木を彫っているところ。この版木は梨だそうだ。硬い木なので彫刻するには力が入る。

calendar03-3.jpg

calendar03-4.jpg


2 印刷

版木に墨や絵の具などを塗り、紙をあてて上から馬楝(ばれん)で摺って制作する。日本の馬楝(写真右)は芯を竹の皮で包んだものだが、中国では狭く長い刷毛(写真左)または櫛形刷毛で摺るそうだ。

calendar03-5.jpg

木版印刷の版木と印刷物。彫りが深いのは、印刷部数を多くするためとのことだ。

calendar03-6.jpg


3 製本

こちらは伝統的な線装(袋とじ)による装幀の工房。

calendar03-7.jpg


木版印刷による出版物

煮雨山房で製作された木版印刷の書物のひとつ、ノーベル文学賞作家の莫言氏の著書『大風』を見せていただいた。

calendar03-8.jpg

ところどころに剪紙があしらわれている。

calendar03-10.jpg

線装(袋とじ)。この複雑な綴じ方は姜さんの創案によるものだそうだ。

calendar03-9.jpg

帙も凝りに凝っている。

calendar03-11.jpg

姜さんは、このほかにも次々に版木や書物を出してきて説明してくれた。

calendar03-12.jpg

calendar03-13.jpg


「模範書局」見学

「模範書局」という姜さんのショップ兼ギャラリーにも案内していただいた。

calendar03-14.jpg

姜さんを囲んでの記念写真。

calendar03-15.jpg



posted by 今田欣一 at 13:01| 漫遊◇文字と旅と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。