2018年06月05日

[札幌紀行]札幌2018 開拓

札幌駅のすぐ近くにあるイメージナビ株式会社を訪ねた。

S20180606a.jpg

イメージナビ株式会社は、デジタル素材総合販売サイトdesignpocketを運営しており、欣喜堂書体のダウンロード販売を委託して、今年で10年目になる。日頃はメールでやり取りをしていて、それで特に問題はないが、実際に担当している方に直接面談することも必要なことだ。

近代の書体について、欣喜堂ではつぎの三系列で試作している。
【第一系列】「日本語書体三傑」に含まれる。国名の漢字表記を書体名にしている。
美華(近代明朝体)/伯林(呉竹体)/倫敦(安竹体)
【第二系列】「日本語書体十二撰」に含まれる。五節句を書体名にしている。
上巳(近代明朝体)/端午(呉竹体)
【第三系列】「ほしくずやコレクション」
白澤明朝体/白澤呉竹体/白澤安竹体

第一系列、第二系列に対して第三系列をどう位置付けするかを考えた時、白澤明朝体は、当初参考にしていた東京築地活版製造所の五号明朝活字ではなく、例えば日活明朝体のような現代的な造形のほうが差別化できていいのではないかと思うようになってきた。

大通公園を抜けて札幌市役所へ向かう。札幌市役所には札幌の礎を築いた開拓判官、島義勇(しまよしたけ)の銅像があるという。受付でどこにあるか尋ねる。「それでしたら、こちらにあります」と教えてくれた。なんと玄関フロアのすぐ右手にあった。聞くまでもなかったのだ。

S20180606b.jpg

河 水 遠 流 山 峙 隅   河水遠くに流れて山隅にそばだつ
平 原 千 里 地 膏 腴   平原千里地は膏腴(こうゆ)
四 通 八 達 宜 開 府   四通八達宜しく府を開くべし
他 日 五 州 第 一 都   他日五州第一の都

銅像の下のプレートにはこのような漢詩が記されている。札幌に入った島義勇が札幌・円山のコタンベツの丘に登り、この地に本府を造ろうと決意した時に詠んだ詩である。情熱を持って実行に着手しようとする熱意が伝わってくるようである。

再び市街に出る。5月というのにすごく寒い。札幌観光の定番中の定番、札幌市時計台(旧札幌農学校演武場)へ。

Sapporo2018_04.jpg

Sapporo2018_05.jpg

赤レンガ庁舎(北海道庁旧本庁舎)を見学。多くの見学者が訪れていた。

Sapporo2018_06.jpg

Sapporo2018_07.jpg

最後に、北海道大学総合博物館を見学する。

Sapporo2018_08.jpg

Sapporo2018_09.jpg


20代の頃に購入して以来、30年以上経っても時折ひっぱりだしては眺めている1冊の書物があった。『レタリング 上手な字を書く最短コース』(谷欣伍著、アトリエ出版社、1982年)である。

Sapporo2018_10.jpg

鈴木勉さんのチームで読書会をしていた。読書会といっても、メンバーそれぞれが推薦した本を買って読んでみるというものだけだったが、鈴木さんが薦めてくれたのがこの本だったのである。
著者は、株式会社工画堂スタジオ社長で、東京学芸大学グラフィックデザイン室で教鞭をとられていた谷欣伍氏。『別冊アトリエNo.120』(1975秋号)の特集を保存版として出版したものである。
タイトルは「レタリング」となっているが、理論的に活字書体を分析されているので、活字書体設計としてもたいへん役に立つ書物である。

翌日は、北海道開拓の村へ行く。

Sapporo2018_16.jpg

明治初期から昭和初期までの北海道各地の歴史的建造物を移築復元し再現した野外博物館である。

S20180606c.jpg

Sapporo2018_11.jpg

Sapporo2018_12.jpg

Sapporo2018_13.jpg

Sapporo2018_14.jpg

Sapporo2018_15.jpg

文化の流れを示す建造物を保存し後世に永く伝えることを目的に1983年に開村された。




posted by 今田欣一 at 20:27| 漫遊◇文字と旅と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

[札幌紀行]札幌2019 庭園

2019年5月30日、札幌・百合が原公園を訪れた。
札幌で百合が原公園を思い浮かべる人は多くないと思う。旅行ガイドにも大きく取り上げられてはいない。今から30年以上前の1986年に開催された「さっぽろ花と緑の博覧会」の会場になったところなのである。

Sapporo2019_01.jpg

その時に作られたのが「世界の庭園」エリアである。札幌市の日本庭園と、札幌市の姉妹都市、中国・瀋陽市、ドイツ・ミュンヘン市、アメリカ・ポートランド市の庭園を巡る構成になっている。

日本庭園(日本・札幌市)
池泉回遊式の庭園である。池にはり出した平安風の水舞台を中心に、城壁風石垣と、竹垣、鹿威し、蹲など日本庭園の技がコンパクトに盛り込まれている。北方系樹種が多く植栽されているのが特徴である。1983年の国際庭園博覧会で、ドイツ造園連盟大金賞を受賞したものと同じ設計である。

Sapporo2019_14.jpg

Sapporo2019_02.jpg

Sapporo2019_03.jpg

中国庭園(中国・瀋陽市)
「瀋芳園」は、中国の伝統的な自然山水の庭園である。庭園内の建造物は、明・清代の建築様式。木組と屋根の瑠璃瓦は中国で製作され、特に瑠璃瓦は王宮の建物以外には使うことのできない貴重なものだ。瀋陽市公園管理処の指導により施工された。「瀋芳園」の名には、「万古流芳(永遠に名を残す)」の意が込められている。

Sapporo2019_04.jpg

Sapporo2019_15.jpg

Sapporo2019_05.jpg

西洋庭園(ドイツ・ミュンヘン市)
「ムンヒェナーガルテン」はバイエルン地方の伝統的庭園に近代性を組み合わせた沈床式庭園(サンクンガーデン)である。全体的にはシンメトリーで幾何的な庭園で、樹木に囲まれた中に小川の流れるメドウガーデンがある。ミュンヘンの造園家、ゲアハルト・トイチェ氏とザンボ・ヴィットマン氏によって設計された。

Sapporo2019_06.jpg

Sapporo2019_07.jpg

他に、ポートランド市の一般的な家庭の庭を再現したという「ポートランドガーデン(アメリカ)」がある。ポートランドの造園家、バーバラ・フェリー氏によって設計されたものだ。

思ったよりこぢんまりとしていたが、日本・中国・西洋の庭園をひとつのエリアに集め、それぞれが特徴を出しながら一体となっている。30年以上に渡り、維持し、公開され続けているのは素晴らしいことだ。

西洋、中国、そして日本の歴史は、文字によって記されてきた。西洋、中国、日本のそれぞれに書物の歴史、出版と印刷の歴史があり、印刷書体の源泉は書物の歴史にある。

Sapporo2019_11.jpg

『入門講話日本出版文化史』(川瀬一馬著、日本エディタースクール出版部、1983年)
『中国の書物と印刷』(張紹著、高津孝訳、日本エディタースクール出版部、1999年)
『書物の本 西洋の書物と文化の歴史/書物の美学』(ヘルムート・プレッサー著、轡田収訳、法政大学出版局、1973年)


日本にも、中国にも、西洋に負けないぐらいの印刷書体(活字書体だけでなく木版印刷の字様も含めて)が残されている。欣喜堂では、それらをあたらしい時代の息吹によってよみがえらせ、実際に使用できるようにしている。
『欣喜堂 活字入門帖』は、『欣喜堂 書体見本帖』と『欣喜堂 組み見本帖』とともに、欣喜堂で制作した和字書体・漢字書体・欧字書体の制作意図を説明したものであり、研究書ではないが、日本、中国、西洋の印刷書体の歴史をまとめようという意識で取り組んでいる。
日本語では、和字書体、漢字書体、欧字書体を組み合わせることによって成り立っている。和字書体、漢字書体、欧字書体それぞれの造形、イメージ両面での分析とともに、その関係についても考えていきたい。


百合が原公園全体は広大である。園内を周回するリリートレインが、1時間に2、3本の間隔で運行されているぐらいだ。この公園のシンボルであるユリを始め、ライラックやチューリップなど多くの植物が、それぞれの花壇に植栽されており、1年中、花に囲まれる公園である。

Sapporo2019_08.jpg

Sapporo2019_09.jpg

Sapporo2019_10.jpg


夕刻、イメージナビ株式会社を再訪。会食。


『レタリング 上手な字を書く最短コース』では、漢字書体「日活明朝体」を50ページ以上にわたって詳細に分析している。著者の谷欣伍氏が愛好していたという書体で、「角ばった、フトコロの広い、なんともひょうきんなこの書体−字並びがキレイだから組み上がりが線になるし、ユニークな感じがあって、結果は上乗であった」と書いてあるぐらいだ。

Sapporo2019_19.jpg

和字書体は「LETT」という書体を田村秀郎、小芦重幸両氏の協力を得て制作し、本文にも使用している。「新しいボディタイプが生まれ、将来長く使用されるかは、人間の共有財産としての価値があるかどうかにかかっています」と書いている。書体名は「レト」と読むのだろうか。当時、同様な取り組みを多くの人が試みているが、本文で使ったのを見るのは初めてだったので、新鮮な印象を受けたことを覚えている。

Sapporo2019_20.jpg

この本では欧字書体についての記述はないが、もし取り上げられたとすれば、著者の好みから類推すると、モダン・ローマン系の「スコッチ・ローマン(Scotch Roman)」だったのではないかと勝手に想像している。イギリスのリチャード・オースティン(?–1830)が、1809年から1812年ごろにかけて制作し、1909年にイギリスのモノタイプ社で再刻された書体である。

翌5月31日、25年ぶりに中島公園を訪れた。

Sapporo2019_16.jpg

まずは日本庭園を散策してから「豊平館」へ。「豊平館」は1880年(明治13年)に開拓使が迎賓館、ホテルとして建てた歴史的建築物である。

Sapporo2019_12.jpg

「北海道立文学館」では、特別展「よみがえれ!とこしえの加清純子−『阿寒に果つ』ヒロインの未完の青春−」が開催されていた。

Sapporo2019_17.jpg

北海道大学植物園にも立ち寄った。リーフレットは日本語版、英語版、中国語版(簡体字)、他に韓国語版が用意されていた。

Sapporo2019_18.jpg

モデルコース(45分)の内回りルートに従い、北方民族資料館、博物館・重要文化財群を中心に急ぎ足で巡った。

Sapporo2019_13.jpg

posted by 今田欣一 at 14:27| 漫遊◇文字と旅と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

[札幌紀行]札幌2020 回顧

新型コロナウイルス感染症(COVID–19)が世界中に蔓延した2020年。緊急事態宣言が出され、外出自粛が要請された。毎年5月に計画していた札幌出張は断念せざるを得ない状況となった。
イメージナビ株式会社の運営するdesignpocketでは、「新型コロナウイルス感染症・対策セール」を、5月18日から6月18日まで開催することになった。

『北海タイムス物語』を読み直す
 2020年5月16日

Sapporo2020_01.jpg

外出自粛が続く中、以前読んだ『北海タイムス物語』(増田俊也著、新潮社、2017年)を読み直してみた。札幌の新聞社を舞台にしたこの小説には、光学式電算写真植字機サプトンが登場する場面がある。
萬田さんがガラスで仕切られたコンピュータ室のようなところへ近づいた。中で三人が作業している。
「ここがサプトン室。写研という会社が開発したサプトンという自動写植システムだ。ほら、ここに細長い紙が出てきているだろ。これが新聞で使うそのものだ。原寸大」

電算とは電子計算機の略で、コンピューターのことである。電算写植システムは、入力・編集・組版処理を行う装置と、自動電算写真植字機(出力装置)で構成される。
光学式電算写真植字機はガラス文字円盤に書体を収録して回転させて選字、露光する方式で、アナログタイプであるということでは手動写植機の文字盤と同じである。SAPTON(Shaken Automatic Photo Typesetting Machine)は出力機で、入力機はSABEBEである。
本蘭細明朝体(本蘭明朝L)の開発に着手したのは、光学式電算写真植字機への移行のためであった。電算写植機の普及のためには、書籍や文庫などの本文用の明朝体を開発する必要性があったのだ。
本蘭細明朝体は、光学式電算写真植字機SAPTONの弱点をカバーするために、横線を太くし、先端をカットし、交差部分には大きな食い込み処理が入れられた。ハードやソフトによって起こる、いままでに経験したことのない制約を克服して開発したのだ。


『永遠も半ばを過ぎて』を読み直す
 2020年5月17日

Sapporo2020_02.jpg

関連して、『永遠も半ばを過ぎて』(中島らも著、文藝春秋、1994年)を読んでみることにしよう。この小説の主人公が電算写植のオペレーターで、一休こと、入力機SAZANNAが登場する。
一休は、もう年齢だ。おれが三十八のときに半ばやけくそになって買ったから、五歳になる。本名はSAZANNA–SP313という。
電算写植機の進化はすざましい。五年前の機種なんかはもう恐竜扱いだ。

札幌市中央区に本社のある株式会社アイワードでも、1983年(昭和58年)にSAZANNA–SP313を導入している。以降、写研の電算写植システムによる組版を行なっている。
CRT式電算写真植字機はCRT(ブラウン管)からレンズ系を経て露光する方式である。書体は文字円盤からデジタルデータへと移り変わり、その形式はランレングスフォント、ベクトルアウトラインフォント、曲線アウトラインフォントと変化していった。CRT式電算写真植字機がSAPTORONで、レイアウトターミナルSAIVERTなども開発されている。SAZANNA–SP313はその入力機である。
本蘭細明朝体は、CRT式電算写真植字機でアウトライン・フォント(Cフォント)化されるときに、食い込み処理が埋められている。機種によって原字のデザインが変遷したのだ。
本蘭明朝のファミリー化は1985年であった。この時、本蘭細明朝体は本蘭明朝Lに改称した。本蘭明朝のファミリー構成は、本蘭明朝L、本蘭明朝M、本蘭明朝D、本蘭明朝DB、本蘭明朝B、本蘭明朝E、本蘭明朝Hの7書体である。
     
レーザー式電算写真植字機はレーザーの走査によって印字するもので、画像や写真の出力もできるようになった。レーザー式電算写真植字機をSAPLS(Shaken Automatic Plate Laser Setter)といい、入力編集機GRAFやSAMPRASが開発された。
本蘭細明朝体が1975年に発売されたとき、そのペアとして開発されたのは、石井中太ゴシック体をそのまま拡大した「石井中太ゴシック体L」だった。1990年ごろから本蘭明朝に対応する本蘭ゴシック・ファミリーの制作が企画されていたが、なかなか実現しなかった。
1997年になって、まず本蘭ゴシックUが発売された。2000年には、本蘭ゴシックL、本蘭ゴシックM、本蘭ゴシックD、本蘭ゴシックDB、本蘭ゴシックB、本蘭ゴシックE、本蘭ゴシックH、本蘭ゴシックUの8ウエイトからなる本蘭ゴシック・ファミリーが発売された。
本蘭アンチック・ファミリーは、本蘭明朝ファミリーにつづく書体として、本蘭ゴシック・ファミリーとともに試作していた。本蘭ゴシック・ファミリーは2000年に発売されたが、本蘭アンチックが制作されることはなかった。
株式会社写研大阪営業所の新しいビルディングが竣工したのは1992年10月のことであったが、このビルディングの「定礎」の文字の原図のレタリングは、当時試作していた本蘭アンチックだった。本蘭アンチックの唯一の証である。


続きを読む
posted by 今田欣一 at 20:12| 漫遊◇文字と旅と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする