2016年08月01日

オックスフォードの思い出3 デジタルタイプとの出会い

(この記事は1990年に書いたものを掲載しています。英語がさっぱりわからないので、以下の記述には間違いがあるかもしれません。悪しからず)

クライスト・チャーチ(Christ Church)
ぼくたちが宿泊したクライスト・チャーチ(Christ Church)では、デジタルタイプに関するワークショップが開催されていた。それまでは筆と墨で書体設計を行っていた。コンピューターとは無縁だったので、とても新鮮に感じられた。


書体設計(Type design on the Macintosh)
1990年9月2日 13:30-15:00

(スケジュール表にチェックしていたのだが、その講義内容については残念ながら記憶していない。ビデオにも写っていないし、写真も撮っていない)

講師はロバート・スリムバック氏である。スリムバック氏はアドビ・システムズのタイプ・デザイナーだった。ITCおよびアドビのオリジナルとしての活字書体を設計している。彼の設計した書体には、ITC スリムバック、ITC ジョバンニ、ユートピア、アドビ・ギャラモン、ミニオンなどがある。
資料によれば、マッキントッシュでの書体設計を、開発されたミニオン・ファミリーを取り上げて、実際にマッキントッシュでのソフトウェアを操作しながら説明するということになっている。
ぼくが会社でコンピューターを使う機会はなかった。書体設計・制作はアナログでおこない、それをデジタルに変換するという考え方が支配していた。デジタル化のセクションは関係者以外の立ち入りを禁じられていた。

Type90-31.jpeg


書体工房(Type studio)
1990年9月2日 15:15-16:15

(こちらはビデオに映像が残っているので、確かに聴いている)

同じ会場でジョナサン・ホーフラー氏のワークショップがあった。ホーフラー氏の宝物は6歳の時に父親の事務所から無意識に奪い取った活字見本帳であるという。そのときから活字への熱狂が始まったそうだ。現在(1990年当時)はニューヨークで、タイポグラフィを専門に扱う小さなデザイン・スタジオを運営しているということだ。
ホーフラー氏は、羽根ペンからパンチ・カッターに至る歴史にたいして、コンピューターによる活字設計を「革命」と位置づけた。ホーフラー氏の講義は「全体論的マッキントッシュ・タイプ・ワークショップ」というテーマが、プロジェクターからうつしだされてはじまった。
フォントグラファーというソフトウェアをもちいて、アウトラインのコントロールやサイドベアアリングの調整がいかに効率よくおこなえるかということを強調した。それは参加者がコンピューターによる電子活字の設計への移行を決意させようとするものであった。
帰国後、ぼくは個人的にイラストレーター(Adobe Illustrator)、フォトショップ(Adobe Photoshop)、ストリームライン(Adobe Streamline)、ページメーカー(Aldus PageMaker)のほかに、書体設計に必要だと思われるソフトウェアとして、フォントグラファー(Altsys Fontographer)を揃えたのだった。


posted by 今田欣一 at 08:03| 文字する時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

オックスフォードの思い出2 活字版印刷の原点

(この記事は1990年に書いたものを掲載しています。英語がさっぱりわからないので、以下の記述には間違いがあるかもしれません。悪しからず)

レディング大学(Reading University)
オックスフォードからミニ・コーチでレディング大学に向かう。レディング大学には、イギリスの大学ではただひとつの「タイポグラフィおよびグラフィック・コミュニケーション学部」がある。

活字版印刷
1990年9月2日9:00-12:00

最初にレディング大学のマイケル・トゥワイマン博士の説明があった。トゥワイマン博士はレディング大学タイポグラフィおよびグラフィック・コミュニケーション学部の学部長であった。
コーヒーのサービスがあり、活字版印刷所に案内される。スタン・ネルソン氏による手作業の金属活字彫刻と鋳造の実演である。自動鋳造植字機(Monotype)による植字と鋳造の実演もあった。
ネルソン氏は、1970年にアイオワ州スーシティ市のモーニングサイド・カレッジで芸術と歴史の学士課程を卒業後、1972年からスミソニアン協会のグラフィック・アート事業部で博物館員として働くかたわら、20年間にわたって活字の鋳造をもうひとつの専門としていたとのこと。彼は趣味として自宅で印刷工房を運営し、手製の鋳造による活字鋳造所を作っているそうだ。

Type90-21.jpg

鋳造活字以外の実演も用意されていた。ミック・ストックス氏の指導のもとに、19世紀の平圧印刷機で、おなじく19世紀につくられた木活字を使ったポスターの印刷の実演を見学。参加者の何人かは体験する機会があたえられた。そういえば、廊下の壁一面には大量の木活字があった。

Type90-22.jpg

大学の好意によりサンドイッチがふるまわれ、ふたたびトゥワイマン博士が登場。教室に貼られていた19世紀の木活字によるポスターについて説明していただいたあと、19世紀の印刷家ジョン・ソウルビーとウィリアム・キッチンによる端物印刷のコレクションを見せていただいた。

posted by 今田欣一 at 07:09| 文字する時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

オックスフォードの思い出1 書写と彫刻

(この記事は1990年に書いたものを掲載しています。英語がさっぱりわからないので、以下の記述には間違いがあるかもしれません。悪しからず)

コーパス・クリスティ(Corpus Christi)
最初で最後の海外出張は1990年9月のこと、目的地はイギリスのオックスフォードである。AtypIの主催するType90という国際的なイベントである。英語はほとんど話せないというのに…。(なお今年もType16として、ポーランドのワルシャワで開催されるそうだ)

Type90-11.jpg

コーパス・クリスティ(Corpus Christi)ではふたつのワークショップに参加した。カリグラフィ(Calligraphy)とストーン・カッティング(Stonecutting)とである。通訳なしの英語はきつかったが、見ているだけでも通じるものがあった。

カリグラフィ(Calligraphy)
1990年9月2日16:30-17:30

アメリカのジョージアンナ・グリーンウッド氏が講師である。彼女は1936年にオハイオ州コロンブスで生まれ、1960年に学士号を取得した。のちにリード・カレッジ/ポートランド博物館アート学校に通ってカリグラフィを勉強した。フリーのカリグラファーであり教師でもある。
教室には中央に大きなテーブルがあり、10人あまりの参加者が取り囲むように坐っている。講義の冒頭で、参加者がひとりひとり自己紹介をはじめた。これには心臓がとまるほどの思いがした。ぼくのほかに日本人がいなかったのは幸いだった。しどろもどろながら、なんとかその場を切り抜けた次第である。
講義はカリグラフィにおける文字形象の特徴について、グリーンウッド氏による実演をまじえて説明されていた。さらにはカリグラファーとレタリング・アーティストの教育、カリグラフィと活字との関係などについても言及されたようである。

Type90-12.jpg


ストーン・カッティング(Stonecutting)
1990年9月3日11:00-12:00

講師はアメリカのジョン・ベンソン氏であった。彼は1961年にロードアイランドデザイン学校(RISD)の彫刻課程を卒業している。ジョン・F・ケネディ記念碑の碑文彫刻や、国立美術館・東ビル、スミソニアン学術協会レンウィック・ビル、ボストン市庁舎、テキサス美術館などの建築碑文を設計・施行している。
まず室内では下書きの実演があった。下書きは薄紙に平筆で描くカリグラフィであった。ステムやカーブの部分は自然なストロークで描かれるが、セリフの部分などはかなりの技術が必要とされるようである。
そののち室外に出て、石彫の実演となる。ベンソン氏は鑿を鎚でたたきながら、なにやら説明する。石の粉が飛び散るので、参加者は遠巻きにして見学している。しだいに石に彫られた文字があらわれていく。
posted by 今田欣一 at 07:52| 文字する時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする