2014年07月17日

[見聞録]第2回 ゴナとナールのファミリー・ヒストリー

●ゴナのファミリー・ヒストリー
ゴナUは中村征宏さんにより制作され、写研から1975年に発売し好評を得て、ゴナEが同じく中村さんにより制作された。中村さんが制作したのは、ゴナUとゴナEだけであり、それ以降のファミリー化は写研でなされた。

see_and_hear2-1.jpg

 まず、ゴナOが写真処理技術を駆使して制作された。技術的なことは詳しく知らないが、レンズに特別な治具を取り付け、回転させることによってゴナEの原字を全体に太くしてネガ・フィルムを作成し、その上にゴナEのポジ・フィルムを正確に貼付けて縮小して、これを原字のベースとした。その上で、角が丸くなったのを修整し、全体的に太さなどを調整するなどしていった。ゴナOSは、ゴナOからさらに写真処理技術によって原字のベースを作成したものだ。ゴナOとゴナOSの修整作業に私も加わっている。
 ウエイトのファミリー化が促進される決め手となったのは、「IKARUSシステム」の導入によるものである。「IKARUSシステム」のインターポレーション機能によって中間ウエイトの作成が容易になったのだ。
「IKARUSシステム」のインターポレーション機能によって、すでに作成されていたゴナEと、新たに作成するゴナLの中間ウエイトの作成することになった。その段階をどうするかということの決定に際して、私も少し手伝っている。
 当初は、それまで最もファミリーが充実していた石井ゴシック体を参考にして、ゴナL、ゴナM、ゴナD、ゴナB、ゴナE、それにゴナUを加えた6段階として試作した。これに対して石井社長からゴナDとゴナBの間にゴナDBを制作することが提案された。
「ゴナDはデミ・ボールド、ゴナBはボールド、ではゴナDBは何だろう」とか困惑しながらもその提案にしたがった。ゴナDとゴナBの間に単にゴナDBを入れると、そこだけ間隔が詰まってしまうので、ほかのウエイトも調整し、ウエイトの間隔が均等になるように試作を練り直した。さらに、ゴナDBが増えたことにより、ゴナEとゴナUの間が空くことになったので、ここにゴナHが加えられた。こうして都合8ウエイトという今までにないファミリーが企画されたのである。
 まず、鈴木勉さんを中心としてゴナLの制作に着手した。このゴナLとゴナEのアナログ原字をデジタイズすることにより入力し、中間のゴナM、ゴナD、ゴナDB、ゴナBをフィルムで出力した。それを、それぞれのチームに振り分け、アナログの手作業で修整するというやり方をした。
 当時は、ワークステーションの数が少なかったのと、原字はアナログですべきだという社長の考え方もあって、ワークステーション上でアウトラインを修整することはできなかった。ひきつづき、ゴナUのアナログ原字をデジタイズにより入力し、ゴナEとのインターポレーションによってゴナHを出力、同じようにアナログの手作業で修整した。
 なお、ゴナINはゴナUに、ゴナLBはゴナOにシールを貼り込む方法で制作した。簡単そうに思えるが、じつは、これらの書体がそれまでのどの書体よりも時間と根気のいる作業であった。
 このようにして、ゴナ・ファミリーの完成を見たのは1985年であった。

●ナールのファミリー・ヒストリー
「ナール」は第1回石井賞創作タイプフェイスコンテスト(1970年)で第1位になった作品である。制作者は中村征宏さんである。中村さんはナールとナールDを制作し、それ以降のファミリー化は写研でなされたと聞いている。

see_and_hear2-2.jpg

 まず、ナールとナールDの中間ウエイトとして、ナールLとナールMが制作された。まだ「IKARUSシステム」が導入される前であり、もちろんインターポレーション機能で制作したわけではない。私が入社する前のことなので詳しくは知らないが、おそらく写真処理技術を使って、原字のベースが作られ、それをもとに修整したのだと思う。また、ナールDをもとにして写真処理技術を使ってナールOが制作された。ゴナEをもとにしたゴナOとは、同じアウトライン書体とはいえ、太さが大きく異なっている。
 私が入社したのは、ちょうどナールEの制作が終わった頃だった。装飾的なファミリーの充実が図られた1985年にはゴナIN、ゴナLBとともに、写真処理技術を用いてナールOS、ナールSHが制作された。
 ゴナのファミリー化によって、「IKARUSシステム」のインターポレーション機能が使えることがわかり、ナールDとナールEとの中間ウエイト、すなわちナールDBとナールBの制作が企画された。すでにゴナDBが世に出ていたので、DBというウエイト表記にも抵抗がなくなっていた。石井社長もご自身の発案で開発されたDBというウエイトに愛着があったようで、ナールDBの制作はすぐに承認された。ところがナールBについてはゴー・サインが出されなかった。
 ナールDとナールEがデジタイズされていたので、「IKARUSシステム」のインターポレーション機能ではすぐに出力できる。ナールDBがあってナールBがないというのは収まりが悪いので、私も何度か提案したのだが、首を縦に振ることはなかった。その理由は未だにわからない。私の提案の仕方が悪かったのかもしれない。
 1995年にはナールHとナールUが加わり、ナール・ファミリーが完成を見ることになるのだが、それにしてもナールBが制作されていないのが心残りであった。
posted by 今田欣一 at 09:00| 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

[見聞録]第1回 本蘭明朝Lの変遷

1975年。写研は創業50年周年を迎えた。「写植のうた」がつくられ、記念誌などが発行された。そして、その後の写研を担うことになるふたつの書体が発表された。ひとつはゴナU、もうひとつは「本蘭細明朝体」である。
「本蘭細明朝体」は、橋本和夫さんを中心に制作された。橋本さんは私が師と仰ぐ方で、写研のほとんどすべての書体の監修をされていた。「本蘭細明朝体」はその後のファミリー化によって、「本蘭明朝L」と呼ばれるようになった。
 私が入社したのは1977年なので、すでに本蘭細明朝体(本蘭明朝L)は発売されていた。新入社員の研修では石井細明朝体を実習したが、本蘭細明朝体(本蘭明朝L)も、石井細明朝体と比較しながら、その書体の背景、特徴などを教えられた。
 石井細明朝体と本蘭細明朝体(本蘭明朝L)との比較によって、近代明朝体を基本的な考え方を理解していったように思う。

●サプトンのために
本蘭細明朝体(本蘭明朝L)の開発に着手したのには、第2世代機といわれるサプトンへの移行があったという。当初は岩田細明朝体を搭載していたが、やはり写研独自の書体が欲しかったようである。1970年代前半のことである。

see_and_hear1-1.jpg
●サプトン用の文字円盤(コピー)

 のちに第1世代機といわれる手動写植機は、広告での使用を中心に普及していた。石井細明朝はグラフィック雑誌や、広告のコピーなどに多く使用されていたが、電算写植機の普及のためには、書籍や文庫などの本文用の明朝体を開発する必要性があった。
 石井細明朝は優雅でしなやかな書体として完成度が高いとの評価を受けていたが、本文用の小さい級数では品質が不安定になるなどの問題があった。つまり、横線や細いはね先の部分が飛び気味になるといった再現性の問題や、画線の交差する部分などに濃度ムラなどが起こるということである。
 本蘭細明朝体(本蘭明朝L)では、電算写植機サプトンの弱点をカバーするために、横線を太くし、先端をカットし、交差部分には大きな食い込み処理が入れられた。これには書体設計者としては、大きな葛藤があったに違いない。

see_and_hear1-2.jpg
●本蘭細明朝体(横線を太くし、先端をカットし、交差部分には食い込みが入れられた)

 しかしながらサプトンの文字円盤で再現することも考慮すると、横線やはね先の細い線を太くせざるを得なかったのだ。活字書体設計で重要なのは書体の再現を保証することであり、そのためにハードやソフトを無視することはできないというのが写研の考え方であった。
 そうした考えから、ハードやソフトによって起こる弱点を原字で吸収しようと工夫し、いままでに経験したことのない制約を克服しながら、試行錯誤して開発したのが本蘭細明朝体(本蘭明朝L)だといえる。そこに原字制作の苦心があったという。
 なお、本蘭細明朝(本蘭明朝L)の手動機の文字盤も同一性を保つためサプトンの文字円盤と同じ原字を用いたようだ。

●サプトロン・ジミィのために
第3世代機サプトロンをはさんで、第4世代機サプトロン・ジミィが開発され、アウトライン・フォント(C−フォント)化されるときに、食い込み処理がはっきり見えてしまうということから、食い込み処理は手作業で埋めた。ハライの先端のカット処理は、同一性を保つという観点から、そのままにした。

see_and_hear1-3.jpg
●C−フォント

 本蘭細明朝(本蘭明朝L)は、機種によって原字のデザインが変遷してきた。このような経緯から、写研はハード、ソフト、文字の三位一体という立場をとった。埼玉工場の中に、それらに関わるすべての部門を置いていたことも、それを示している。
 その立場にとらわれるあまりに、時代への対応ができなかったいうことなのだろう。
posted by 今田欣一 at 12:58| 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする