2014年07月20日

[見聞録]第5回 本蘭明朝、本蘭ゴシックの10年

●本蘭明朝ファミリーの10年
1985年。写研は創業60年周年を迎え、記念出版として『文字の宇宙』が発行された。そして、その年に発売されたのが本蘭明朝のファミリーであった。
 写研から本蘭明朝Lが発売されたのは1975年のことであるから、ファミリー化されたのは10年後である。本蘭明朝Lは優れた書体であったにも関らず、その普及には10年の歳月がかかったということだろう。本蘭明朝ファミリーが発売されると、それをきっかけとして一気に普及した。

see_and_hear5-1.jpg

 本蘭明朝のファミリー構成は、本蘭明朝L、本蘭明朝M、本蘭明朝D、本蘭明朝DB、本蘭明朝B、本蘭明朝E、本蘭明朝Hの7書体である。本蘭明朝Uはない。これは、見出し用として大蘭明朝があったからであろう。
 本蘭明朝ファミリーの和字書体は鈴木勉さんが担当した。鈴木さんがはじめに着手したのはファミリーの中でもっとも太い本蘭明朝Hの和字書体だった。これが完成すれば、後は「IKARUSシステム」のインターポレーション機能で中間のウエイトを生成し、それに修整を加えればできあがるので、本蘭明朝Hの和字書体を先行させたのである。
 漢字書体は、和字書体とは異なり本蘭明朝Hから始めなかった。誰の発案かはわからないが、当初は大蘭明朝をベースにして、デジタイズの工程で筆法の違いなどを修整した「仮想本蘭明朝U」をつくり、インターポレーション機能によって本蘭明朝Hを含む中間のウエイトを生成しようとしたのだ。
 この作戦は失敗に終わった。見出し用として設計された大蘭明朝と、本文用として設計された本蘭明朝Lとでは根本的に異なっていることは当然のことだった。この基本的なことに気がつかなかったのだ。とくに大蘭明朝に太さの近い本蘭明朝H、本蘭明朝Eあたりに、大蘭明朝の影響が強くあらわれてしまった。
 私は直接このプロジェクトに参加していたわけではないので、この事態にどのように対処したかは覚えていないが、デジタイズの「仮想本蘭明朝U」の工程からやり直したのかもしれない。いずれにせよ、バタバタしていたことは確かだ。
 本蘭明朝ファミリーの漢字書体の修整作業は、岡田安弘さんがチーフとなって制作された。結果的には、想定以上に修整量が多くなっていた。和字書体と同じように、本文用書体である本蘭明朝Lから、見出し用の本蘭明朝Hまでを同一のイメージでまとめることに相当苦心されたのではないかと思う。

●本蘭ゴシック・ファミリーの10年
1989年、書体制作部門から多くの社員が離れていった。のちに字游工房を設立することになる鈴木勉さん、鳥海修さん、片田啓一さん、本蘭明朝ファミリーのチーフだった岡田安弘さん、現在モノタイプ社のタイプ・ディレクターである小林章さんをはじめ、多くの仲間たちが一挙に退社した。
 私は「写研祭」(社員と家族向けのイベント)の企画や、ある裁判の担当など、不慣れな仕事を命じられるようになった。そんな中で、もっともやりたかったのが「本蘭ゴシック・ファミリー」の開発である。
 これまで「IKARUSシステム」のインターポレーション機能を使って制作したゴナ・ファミリーや本蘭明朝ファミリーは、フィルムに出力したのちにアナログ原字として修整している。せっかくデジタル・データとなっているのにもったいないことだと感じていた。
 写研では、原字制作は「文字開発部」、文字盤製作やC−フォント製作は「文字部」(かつては「文字盤部」といっていたのだが、C−フォントの製作が加わったことで「文字部」となった)という組織になっていた。「原字制作は手で描くことが基本」とするのが社長の考えであった。
 私たちは、ワークステーションで直接修整できるようにしたいと考えていた。そのほうが効率的なのは確実である。なんとか原字制作の現場にもワークステーションを入れるように画策した。しかし、その計画は頓挫した。
 1995年に写研は創業70年を迎え、記念出版として『文字の祝祭』がつくられた。ある人からの「写研の書体を専用システムでなくても使えるようにする」という提案があったが却下されていた。「本蘭ゴシック・ファミリー」は間に合わなかった。

………

私が退社したのちの1997年、まず本蘭ゴシックUが発売された。それは私が思い描いていたものとは違っていた。本蘭明朝と同じコンセプトのゴシック体というのではなく、石井ゴシック体と同じデザインになっていた。とりわけ和字書体において顕著であった。
 本蘭細明朝体が1975年に発売されたとき、そのペアとして開発されたのは、石井中太ゴシック体をそのまま拡大した「石井中太ゴシック体L」だった。そのイメージを大切にしようと考えたのかもしれない。

see_and_hear5-2.jpg

2000年には、本蘭ゴシックL、本蘭ゴシックM、本蘭ゴシックD、本蘭ゴシックDB、本蘭ゴシックB、本蘭ゴシックE、本蘭ゴシックH、本蘭ゴシックUの8ウエイトからなる本蘭ゴシック・ファミリーが発売された。10年かけて完成したとされていた。このとき、本蘭ゴシックUは全面的に改訂されている。
 なぜ、こんなことになったのか。そのあたりの事情についてはわからないので、関係者の証言を待ちたい。
posted by 今田欣一 at 08:17| 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

[見聞録]第4回 紅蘭楷書と紅蘭宋朝の魅力

紅蘭細楷書の繁体字・簡体字版が制作されたあと、日本語版の紅蘭細楷書が、同時に制作されていた紅蘭中楷書とともに橋本和夫さんを中心に制作されていた。この漢字書体と組み合わされる和字書体も、橋本さんの手で新しく設計されたものである。
 橋本さんの設計された書体としては、本蘭細明朝(本蘭明朝L)が挙げられることが多い。つづいてナールなどのプロデュースが語られる。紅蘭楷書について触れられるものをほとんど見ることはない。だが、個人的にはこの紅蘭楷書の和字書体が橋本さんの代表作ではないかと思うのである。

see_and_hear4-1.jpg

 紅蘭楷書の和字書体設計にあたり、漢字書体の雰囲気に合わせ、実際に毛筆で全文字を書いてみたそうである。書にも精通する橋本さんでなければ、このような味わいのある書体はできなかっただろう。
 紅蘭細楷書、紅蘭中楷書につづいて、紅蘭太楷書、紅蘭特太楷書も加わり、楷書体のファミリーとしては最も充実したラインナップになっている。

同時に、紅蘭細宋朝の繁体字・簡体字版も制作された。残念ながら日本語版の紅蘭細宋朝は制作されなかった。もしも紅蘭細宋朝の和字書体を橋本さんが設計していたらどのような書体だったのだろうか。今となっては想像するしかない。


ついでながら、曽蘭隷書の和字書体も、活字書体としての隷書体の和字書体の規範となるべき書体であろう。

see_and_hear4-2.jpg


私も2003年にリョービイマジクス株式会社(現在リョービ株式会社)の依頼により、「花胡蝶」「花蓮華」「花牡丹」の和字書体を設計したことがある。台湾で制作された漢字書体と調和する和字書体を設計する機会を与えられたことに大きな喜びを感じていた。
 橋本さんによる紅蘭楷書の和字書体と曽蘭隷書の和字書体を目標として、少しでも近づければいいなと思いながら取り組んだのである。
posted by 今田欣一 at 08:20| 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

[見聞録]第3回 スーシャとゴーシャのつくりかた

●スーシャ・ファミリーのつくりかた
鈴木勉さんが株式会社写研主催の第3回石井賞創作タイプフェイスコンテスト(1974年)で第1位を獲得した横組み専用書体は、1979年にスーシャLとして、そのファミリーであるスーシャBとともに写研から発売された。

see_and_hear3-1.jpg

 私が入社したときには、スーシャLはほぼ完成しており、ひきつづきスーシャBが企画されていた時期であった。私もスーシャBの漢字書体の制作に、スタッフのひとりとして立ち上げの段階から参加した。
 鈴木さんは、空間、錯視の見方に優れていた。文字の左右の縦画の角度を微妙に変えるなどの調整を施している。一字一字をよく見ると、極めて巧妙な視覚的な調整がなされていることがわかる。
 制作方法に関して柔軟な考え方を持っていた。あらかじめ偏や旁などを、パーツとしてフィルムで作成しておき、それを組み合わせながら一文字を完成させるやり方だった。制作する順序も文字盤の配列のとおりではなく、制作しやすい順序ですすめられた。
 それ以前から、作字合成する方法はあったが、新規制作で、ここまで徹底してやったのははじめてであった。今でこそ、デジタル・タイプではごく普通に行われているのだろうが、フィルムで、ハサミとセロテープを駆使して制作していたのだ。
 鈴木さんも私も退社した後でスーシャHなどが開発された。これを見て鈴木さんは苦笑されていたという。

●ゴーシャ・ファミリーのつくりかた
ゴーシャは、横組専用書体として鈴木勉さんが開発したスーシャ・ファミリーに対応するサンセリフ系の書体である。1981年に、まずゴーシャEが写研から発売され、順次ファミリー化された。

see_and_hear3-2.jpg

 鈴木さんがいくつかの案を作成し、そのなかからひとつの案が採用となった。私が鈴木さんのもとでゴーシャEに関わったのは、どのような方法で制作するかという仕様作成段階である。まずは原字のベースの準備。写真処理の特別の機械を使用し、暗室にこもっての作業を手伝ったのを覚えている。
 制作には合理的な考え方を持っていた鈴木さんは、その版下に、アクセントをフィルムでシールのように、手作業で貼付けていくという方法を考えた。こうして、本制作に必要な基本の漢字と、その仕様書ができあがった。
 本制作においては、スーシャBと同様に「作字合成法」が駆使された。この時期に作成されていた「作字合成法」のリストが、その後の書体制作に多いに役立ったことはいうまでもない。また、シールを貼付けるという方法も、他の書体で応用された。
 ところで、鈴木さんはアクセントの付け方に悩んでいたところがあった。「点」の筆法のところに、ゴーシャでアクセントをつけるかどうかということである。私にも意見が求められ、スーシャに合わせてつけないほうがいいということで一致した。
 その後ファミリー化されて、ゴーシャU、ゴーシャO、ゴーシャOSが開発されたが、同じデザインが踏襲されていた。ところが、鈴木さんも私も退社した後で開発されたゴーシャMでは、ここにもアクセントがつけられている。どうしてそのようになったのかは知る由もない。
posted by 今田欣一 at 08:34| 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする