2015年07月22日

もういちど吉備書体(二)

ここに3冊の書物がある。学生時代に買い求めたものだ。それぞれが、文字に関するデザインの3カテゴリーを扱っている。

kibi02-01.jpg

『書のデザイン』(榊莫山著、創元社、1967年)は、第1のカテゴリー「ハンドライティング(書字)」を扱っている。『レタリングデザイン』(桑山弥三郎著、グラフィック社、1969年)は第2のカテゴリー「レタリング(刻字)」を扱っている(レタリングはよく図案文字と訳されるが、碑刻や木版印刷の文字も含まれるので「刻字」としたい)と思いたい。そして、第3のカテゴリー「タイプ(活字)」を取り上げているのが『書体デザイン』(桑山弥三郎著、グラフィック社、1974年)である。タイポグラフィ、フォントという用語は、この第3のカテゴリーでのみ使われる用語である。また「メタルタイプ」だけが活字ということではない。「フォトタイプ(写真植字)」や「デジタルタイプ」も「タイプ(活字)」の種類である。

 しかしながら、「ハンドライティング(書字)」や「レタリング(刻字)」が「タイプフェイス・デザイン」とまったく関係ないということではない。だからこそ、『書のデザイン』も『レタリングデザイン』も愛蔵しているのである。
●「貘1973」は、レタリングからタイプフェイス・デザインへ発展させた書体である。(参考[福岡の夢]1973年:貘の原点)
もともとはメタルタイプを想定していたので、メタルタイプの原字にあわせて、トレシングペーパーに2inchサイズで制作した。

type11-4.jpg

●「白澤細明朝」「白澤太ゴシック」「白澤太アンチック」は、メタルタイプとフォトタイプとの関連を追体験するために試作した。(参考:[偉人伝]石井明朝体・石井ゴシック体・アンチック体)
この書体見本字種は、写真植字の原字にあわせて、フィルムに48mmサイズで制作した。

kibi02-02.jpg

●「いぬまる吉備楷書」「きじまる吉備行書」「さるまる吉備隷書」はハンドライティング(書字)からタイプフェイス・デザインへ発展させた書体である。(参考[東池袋KIDS]インテルメッツォ:さらば東池袋)
 当初は、フェルトペンで書いたものをAdobe Streamline でアウトライン化して、Fontographer で修整、「漢字エディットキット」で日本語のデジタルタイプを作成した。
 再チャレンジにあたっては、GLYPHS を使ってみている。1年前に カスタムメイドの和字書体で使ったことはあるが、漢字書体では初めて。まだまだ使い慣れていない、というか、わかっていないことは多いが、使い勝手はかなりよさそうだ。

kibi02-03.jpg
「いぬまる吉備楷書」

kibi02-04.jpg
「きじまる吉備行書」

kibi02-05.jpg
「さるまる吉備隷書」


posted by 今田欣一 at 20:26| 東池袋KIDS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

もういちど吉備書体(一)

2014年6月24日(火)から 6月29日(日)まで、東京・根津 ギャラリー華音留で、moji moji Party No.7「今田欣一の書体設計 活版・写植・DTP」展(主催:株式会社文字道)を開催し、雨模様だったにもかかわらず多くの人に来場いただいた。
そのおり、写植書体のコーナーとデジタルタイプのコーナーに挟まれたところに一枚の額を展示していた。あまり話題にもならなかったが、「吉備楷書W3」「吉備隷書W3」「吉備行書W3」の3書体を用いて「銀河鉄道の夜」を組んだものである。
当初は「欣喜楷書W3」「欣喜行書W3」「欣喜隷書W3」と言っていた。漢字書体1006字のレベルで3書体の試作品が完成したのは2001年のことだった。これらは数年間無料頒布していたので、いまでも書籍の装丁やポスターなどでみかけることがある。
試用版の無料頒布期間が終了したのちも試行錯誤を繰り返していたが、いろいろ迷いながら変更していったことをいったん破棄して、初心に返ってやり直すことにした。ちょうどそのころ、「今田欣一の書体設計 活版・写植・DTP」展の話があった。私にとって写植とデジタルタイプとの架け橋となった思い出深い書体として、どうしても出品したかった。
あたらしい名称を「吉備楷書W3」「吉備隷書W3」「吉備行書W3」とした。「柊野(ヒラギノ)」「筑紫」など地名に由来する書体があることから、これに合わせて「吉備」という地名を選んだのである。「吉備」とは奈良時代のころの地方国家である。のちに備前・備中・備後・美作の四国となった。現在の岡山県全域と広島県東部である。

kibi01-01.jpg
「吉備楷書W3」

kibi01-03.jpg
「吉備隷書W3」

kibi01-02.jpg
「吉備行書W3」

2015年3月、吉備国のうち東端の地域を3日間にわたって散策した。1日目は津山市(津山洋学資料館など)、2日目は備前市(閑谷学校資料館など)、そして3日目は備前(赤磐市、和気町)と美作(美作市、美咲町)の2市2町が接するあたりだ。とくに意図したわけではないが、その素朴な風景は「吉備楷書W3」「吉備隷書W3」「吉備行書W3」と重なるように思われた。

posted by 今田欣一 at 20:28| 東池袋KIDS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

[東池袋KIDS]インテルメッツォ:さらば東池袋

 21世紀になった。私は東京都豊島区東池袋のマンションの9階にあった事務所を引き払い、自宅2階のちいさな一室を事務所としてリスタートした。
 活字書体設計で大きなプロジェクトを任されるような立場ではない。自分は自分らしく、これからも次世代に受け継ぐべき書体を、地道にじっくりと丁寧に制作していこうと思っている。
 池袋コミュニティカレッジの私の講座は、受講者が定員にたりなくて開講できないことはあったが、なんとか2009年まで続けた。現在は「typeKIDS」という勉強会として継続しているが、新宿区の榎町地域センターでやるようになって、池袋は通過駅になった。
 しかしながら東池袋KIDSはフィナーレではない。気持ちはインテルメッツォ(間奏曲)である。

Ikebukuro6-1.jpg

 当初の「欣喜楷書」、「欣喜行書」、「欣喜隷書」は、硬筆書体として試作したものであった。とりあえず漢字1006字だけの試用版を制作し、無料頒布しようという企画であった。漢字書体1006字のレベルで「欣喜楷書・試用版」、「欣喜隷書・試用版」、「欣喜行書・試用版」の3書体の試作品が完成したのは2001年のことである。
 さらに『中国硬筆書法字典』(司惠国・王玉孝主編、世界図書出版公司、2003年)を参考にして全面的に見直し、これに伴って名称もそれぞれ「欣喜真」、「欣喜歩」、「欣喜平」に変更した。

ikebukuro2-2.jpg
●『体育館の殺人』(青崎有吾著、東京創元社、2012年)

 試用版の無料頒布期間が終了したのち、あらたに制作したのが「ストロベリー」「ブルーベリー」「ラズベリー」の硬筆書体三部作である。これらは「いぬまる吉備楷書W3」「さるまる吉備隷書W3」「きじまる吉備行書W3」として継続されている。

「いぬまる吉備楷書W3」
 孔版のもうひとつの基本書体である楷書体にも取り組んだ。自分の筆跡を基にしてフェルトペンで書いたが、その制作にあたっては 『近代孔版技術講座基礎科第1部テキスト』(実務教育研究所孔版指導部編集、財団法人実務教育研究所、1971年)に掲載されていた楷書体を参考にした。漢字書体は『書道教範』(井上千圃書、1933年、文洋社)のペン字手本を参考にした。のちに、『中国硬筆書法字典』(司恵国・王玉孝主編、2003年、世界図書出版公司北京公司)も参考にしている。

「きじまる吉備行書W3」
 『近代孔版技術講座基礎科第1部テキスト』(実務教育研究所孔版指導部編集、財団法人実務教育研究所、1971年)には行書体は存在しなかった。謄写版ではヤスリの溝によって運筆に抑揚がつけられないので、行書体を書くことはむずかしいのかもしれない。そこで、漢字書体は『書道教範』(井上千圃書、1933年、文洋社)のペン字手本を参考にした。

「さるまる吉備隷書W3」
 隷書体の硬筆書体はそれまで見たことがなかったので、自分の筆跡を基にしてフェルトペンで書いたが、その制作にあたっては、かつて謄写版印刷などで書かれていた手書きのゴシック体を参考にした。 『近代孔版技術講座基礎科第1部テキスト』(実務教育研究所孔版指導部編集、財団法人実務教育研究所、1971年)のゴシック体である。のちに、『中国硬筆書法字典』(司恵国・王玉孝主編、2003年、世界図書出版公司北京公司)も参考にした。

2014年7月24日改訂

posted by 今田欣一 at 08:34| 東池袋KIDS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする