2013年05月06日

[コンペは踊ろう] 第2章 横組み、縦組み(2)

competition02-1a.jpeg
● 第10回石井賞創作タイプフェイス・コンテスト応募書体 1988年

 第10回(1988年)石井賞創作タイプフェイス・コンテストには、井筒屋本『おくのほそ道』をベースに「文章を縦に書く」という和文の伝統を踏まえながらも、蟹行の和様体として試作したこの活字書体を応募した。これはコンテストが実験の場であるということを意識してのことであった。

competition02-2b.jpg
●『おくのほそ道』(松尾芭蕉、井筒屋、江戸中期刊)

 その応募にさいして添付した「制作意図」を井筒屋本『おくのほそ道』との関係という視点で再考してみよう。

◆並び線と斜体の実験
 構造のヒントになったのは欧字のイタリック体である。ローマ教皇庁に勤める書記官が様式化したルネサンス期の書法をもとにしたのがチャンセリー・バスタルダ活字で、それがフランスにつたわり、フランスにおいて「イタリアの」つまり「イタリック」と呼ばれるようになった。

competition02-2c.jpeg
●『Il modo di temperare le penne』(アリッギ書、1523年)


 ライン・システムは、かな本来の伸びやかさと字並びの美しさを同時に表現することを可能にしてくれた。ユニット・システムは、字間のスペースを均等に揃えることを可能にしてくれた。また、イタリックにすることにより、一字一字が孤立することのないスムーズな視線の流れを作り出してくれた。これらの設定は、欧文をモデルにして成り立っているが、文字固有の形を生かすことが目的だった。


 ひらがなには「つ」のように平たい文字や「し」のような長い文字がある。まず、漢字を欧文の大文字に見立て、欧字のようにベース・ラインを設定し、和字の高さを三つのグループに分類した。「あ」など漢字と同じ高さのアセンダー・レターのグループ、「の」など漢字より低めのミーン・ラインを感じさせるショート・レターのグループ、「く」や「て」などベース・ラインを超えて伸びているディセンダー・レターのグループである。今までグループ分けをした例は、故ミキイサム氏制作の「アラタ」など幾つか存在する。このようなライン・システムは、和字本来の伸びやかさと字並びの美しさを同時に表現することを可能にした。
 和字では、例えば「い」と「り」では字幅が異なるので、欧文と同じように1文字ずつの字幅を規定して字間のアキを均一にしようというやり方がある。この書体では、最初からプロポーショナル・セットを前提にして設計した。当時は16ユニット・システムであったが、プロポーショナル・セットは文字固有の字幅を守りつつ字間のスペースを均等に揃えることを可能にした。
 欧字書体においても筆記体のイタリック体は傾斜しているが、和字書体の筆記体にも傾斜しているものがあり、縦組みで視線がスムーズに流れている。これを横組みにするとベース・ラインのようなものがかすかに感じられるのだ。


◆蟹行和様体の実験
 基本的には和様体をそのまま横組にすればいいのだが、和様体のままの省略形だと今は読めないものになってしまう。
 横組用としてラインを揃えることを考えると、楷書のように起筆・送筆・終筆をはっきりさせた方が落ち着くし読みやすくなる。そこで、和様体をベースにした行書と楷書の中間の書風になった。

 この上に行書のイメージを叩きこみたかった。ただし、それはコンテンポラリーでなければ意味がないのだ。どこまでも明るくおおらかなフォルム。何よりもさらに軽くて伸び伸びしたエレメント。筆勢を程良く感じさせてくれるウエイト。あくまで、新しい時代の感覚で押し切ろうとした。


 書体設計における最も重要なポイントは書風にある。結法だとか筆法だとか太さ調節だとかは、書風を形作るものなのである。タイプフェイスは空気のような方がいいという人もいるが、無性格ではない。書風でいえば、この書体は力強さがあまりなく、よりしなやかであっさりとした軽やかな書風だろう。

◆技術への挑戦の実験
 この書体では、新しい提案を数多くしている。特に漢字のボディが全角ではなく特定のセットを持つという発想は今までの常識ではなかったことなのである。つまり従来の組版ソフトでは対応できないということなのだ。結果的には漢字のセットが設定できるという機能がある、新しい機種のみで使用できるという制約のある書体になった。

 この書体は、文字列にこだわった書体である。一文字だけでは何もわからない。組むことによってのみ特徴の出る書体なのだ。タイプフェイスとしての新たな広がりが、感じられたらと思う。


 活字書体は、それだけでは成立しない。フォントとなり、データを作成する組版ソフトと出力するハードが必要となる。過去、活字書体はハード、ソフトの制約の中で制作されてきた。ハード、ソフトでできないことを補ってきたこともある。新しいハードができるたびに、線の太さなどを微妙に変えなくてはならなかった。逆にこの書体ではソフトのほうに対応をもとめた、めずらしいケースだろうと思う。

 この書体は、1988年、第10回石井賞創作タイプフェイス・コンテストで、第1位になった。

※「いまりゅう」制作については、「文字の厨房」にて。
posted by 今田欣一 at 19:30| コンペは踊ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

[コンペは踊ろう] 第2章 横組み、縦組み(1)

competition02-1a.jpeg
●第10回石井賞創作タイプフェイス・コンテスト応募書体 1988年

 1982年ころから、私は欧字と和字とに造形的な共通性を見いだそうとしていた。第8回、第9回石井賞創作タイプフェイス・コンテストでは、欧字を和字に近づけてデザインした作品を欧文部門に応募し、それぞれ佳作に入っている。また、1986年に開催した「三人展」でも、英訳俳句を縦組みの連綿で和字のように表現した作品を出品した。

competition02-1b.jpeg
●「三人展」銀座・ゑり円画廊にて 1986年

 今度はその逆をやればいいことに気が付いた。和字書体において、もっと欧字に近づけようと思ったのである。それは、欧字の「構造」と和字の「形象」を組み合わせることによって成り立つことなのである。
 和字にはひらがなとカタカナとがあるが、どちらも筆勢が縦の方向に走っている。われわれは画線を縦に走る流れとして受けとめて、文字をとおして内容の意味するところを吸収していく。
 縦組の場合は、一文字一文字が許容できる範囲内にあれば、その大きさが少しぐらい揃っていなくても、文字の重心が縦に通っていれば視線がまっすぐ縦に流れていくので、見た目にはそれほど気になるものではない。書写の場合には文字の大小に変化をつけるぐらいであるから、本来は不ぞろいなのである。文字の大小の不ぞろいが文字の機械的な単調さを救ってくれる効果があるのだろう。
 横組の場合は、文字個々の並び線に対して見かたがきびしくなる。最近は和文の横組が多くなったので慣れてきたかもしれないが、日本語の文章では横に向かう筆勢が少ないために視線の流れを円滑にすることが困難だということにかわりない。横組の並び線と、それにともなって必然的に生じてくる漢字対和字の大きさの問題を再検討する必要があった。
 縦に流れていく性質の和字を含んでいる日本語は、本来なら縦書きにされるべきものなのである。この基本的な考えを忘れてはならない。それをあえて横組みに挑戦しようというのである。(つづく)
posted by 今田欣一 at 19:41| コンペは踊ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

[コンペは踊ろう] 第1章 装飾書体の時代(4)

competition01-3a.jpeg
● 第7回石井賞創作タイプフェイス・コンテスト応募書体 1982年

 第7回(1982年)石井賞創作タイプフェイス・コンテストには、濃淡を単線スクリーンからのヒントでえられた階調であらわしたこの活字書体を応募した。その根底には隷書碑があった。田鶴年刻「鮮斎永濯碑銘」にみられる筆圧と筆速をベースにしているのだ。その応募にさいして添付した「制作意図」を「鮮斎永濯碑銘」との関係という視点で再考してみよう。

competition01-4b.gif
●「鮮斎永濯碑銘」(1902年 亀戸天神社)

◆筆圧・筆速を濃淡に置きかえる
 応募のときに添付する制作意図には、次のように書かれている。

 運筆に従って、力の入る部分と抜く部分に濃淡をつけ、階調のある表情豊かな書体を作りあげた。印刷の「単線スクリーン」(再現性に欠けるため、今はあまり使われていない)を応用し、文字のフォームをもっとも忠実に表現できるよう、ラインを45度、2.5mm間隔に設定した。


「運筆に従って、力の入る部分と抜く部分に濃淡をつける」とは筆圧による深浅を濃淡に置きかえるということを意味する。「階調のある」とは筆速の変化がなめらかな階調になるということである。もともとの隷書の運筆をゴシック体に応用して、筆圧と筆速に変化をつけ、立体的、平面的なあらたな広がりを感じさせることができたのである。
 この書体の筆法はゴシック体と同じ等線であるが、筆圧と筆速というものを内部に持っている。ゴシック体の中には、起筆と終筆にアクセントを付けることにより筆圧と筆速が表現されているものもあるが、この書体では筆圧と筆速というものをアクセントではなく濃淡で置きかえた。起筆は濃く、送筆は薄く、終筆はまた濃く、すなわち力を入れた時は濃くなり、力を抜いた時は薄くなるということであった。濃淡のベースになったのが隷書体なのである。
 活字書体で濃淡を作る手段として考えたのが単線スクリーンであった。網目スクリーンや砂目スクリーンでは、活字書体として実現することがむずかしかったということもあるが、なによりダイナミックなイメージが魅力的だったのである。この書体は単にウルトラ・ボールドのゴシック体にトーンを付けただけではないのだ。

◆薬研彫か円彫か、切り画彫か通し画彫か
 石井賞創作タイプフェイス・コンテスト応募のときに添付する制作意図は、さらに次のように続いている。

 刺激的でチラチラするというイメージが強すぎないように、文字のフォームは、現代的な表情の中にいくらかマイルドな味をつけてみた。同様に、エレメントも紡錘形を基本として濃淡を調整、先端部に太さをもたせて、視覚的な「線の歪み」を抑えた。


 最初の試作では「菱形」を並べて作った。菱形というのは薬研彫をイメージしていた。紡錘形というのは円彫なのではないかと考えられる。最初の試作の段階では、ひとつひとつのパーツは菱形になっていた。画線の中央部が一番濃くなっている。つまりいちばん深くなっているということになり、いわば薬研彫の状態であった。
 しかし薬研彫のようにつくられた文字は、目に痛いほどチラチラしていた。錯視による線の歪みも激しいもので、とても品位など感じられなかった。活字書体で薬研彫を再現することは無理があった。菱形から紡錘形へ、薬研彫から円彫へ……この変更で悩んでいたことが解決した。視覚的な線の歪みをある程度おさえてくれ、美しい階調が表現できたのだと思う。
 文字の結構はオーソドックスなゴシック体をベースにした現代的なスタイルである。単線スクリーンの応用ではイラストレーションのような効果をもっているので、結構は比較的おとなしくしてバランスをとった。
 オーソドックスな結構にしたことにより、かえって筆法のダイナミックさが強調されたように思われる。もちろん、ウルトラボールド・ウエイトだからこそ、オーソドックスな結構だからこそ、可能になった筆法である。
 最初の試作の時から設定されていた45度ラインは、縦画、横画、磔法などを生かし、犠牲を掠法のみの最小限に食い止める措置であった。またラインの間隔も、単線スクリーンの効果と判別性とを考えて決めた。
 印刷での階調は、写真などの原稿があって成立している。この書体の場合、もともとの階調までも手作業で描かねばならないし、少しの乱れも許されない。しかも画数の多い漢字では、判別性を維持するだけでも難しいことであった。
 この書体は、制作においてかなり制約を持っている。それを微妙な調整によって、書体としての品格を保とうとしているのである。一番苦心したのは掠法であった。45度ラインと平行になり、そのうえカーブしているため、濃淡と字形を自然に再現するためにかなり調整した。全体的には、ゴシック体としてのエッジのシャープさに特に気をつけてデザインした。
 斜め45度に並べた紡錘形のひとつひとつの膨らみによって作りだされた「起筆・送筆・収筆」の濃淡によって筆勢を表現することで、膨らみ具合の調整を間違えるともう文字には見えなくなる。自然な味わいで描写することが必要なのである。
 字画の処理の仕方から見た分類として、切り画彫と通し画彫がある。これは薬研彫にも円彫にもあるので、切り画薬研彫、通し画薬研彫、あるいは切り画円彫、通し画円彫があるということになる。切り画彫は、先に彫られた画に突きあたる少し手前で一部を残して彫りをとめる。また画の一部を共有するときには、一本は完全な姿に彫り、他は削りとられた姿に一部を残して画を彫りわける。
 通し画彫は、先に彫られた画を意識することなく、先の彫りに突きあたっても彫りの調子を変えることなく彫りすすめる。つまり交差する2本の画の共有部分は、両方からけずりとられた姿になる。この書体は通し画彫のようになっている。碑刻とはことなり、この書体では切り画彫のほうがハーフトーンの調節は簡単だと思われる。通し画彫のほうがひろい面積でハーフトーンをつくらなければならないからだ。
 1字1字や書体全体のウエイトをコントロールして、視覚的にフラットで不自然な濃度ムラのない面を作り出さなければならない。これが乱れると、ノイズとなって人々に不快感を与える。

◆適正印字サイズ
 制作意図は、印字サイズに対する条件で締めくくっている。タイプフェイスは最終的には印刷されて初めて人々の目に触れる。これは実験の場であるコンテストでも意識されなければならない。

 小級数では、線質の悪いゴシック体のようにしか見えないので使用できない。組みあがりがハーフトーンになれば最も効果的であり、そのためにも50Q以上で印字してほしい。


 この書体は見出用としてもちいるために制作したので、50Q以上で印字してほしいとの条件を、主催者へのメッセージとして書いている。ただ作品集などでは、フォーマットが統一されているために50Q以下で印字されたのはやむをえないことだった。

 この書体は、1982年、第7回石井賞創作タイプフェイス・コンテストで、第1位になった。

※写研での「ボカッシイ」制作については「文字の厨房」にて。
posted by 今田欣一 at 19:05| コンペは踊ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする