2013年05月21日

[コンペは踊ろう] 第3章 書写から活字へ(1)

competition03-1a.jpeg
●第14回石井賞創作タイプフェイス・コンテスト応募書体 1996年

 1990年夏、私はイギリスのオックスフォードで開催されたType90というイベントに参加する機会を得た。これが石井賞創作タイプフェイス・コンテストへの応募書体への大きな転換のきっかけとなった。

competition03-1b.jpeg

 コーパス・クリスティ(Corpus Christi)ではふたつのワークショップに参加した。アメリカのジョージアンナ・グリーンウッド氏のカリグラフィ(Calligraphy)ワークショップでは、カリグラフィにおける文字形象の特徴について実演をまじえて説明された。ジョン・ベンソン氏のストーン・カッティング(Stonecutting)ワークショップでは下書きの実演と石彫の実演とがあった。
 レディング大学(Reading University)では、マイケル・トゥワイマン博士の案内による鋳造活字(casting type)ワークショップが開催された。19世紀のポスターや端物印刷のコレクションを見たのち、活字版印刷所において、スタン・ネルソン氏による手作業の金属活字彫刻と鋳造の実演。そして自動鋳造植字機(Monotype)による植字と鋳造の実演と、ミック・ストックス氏の平圧印刷機による19世紀の木活字を使ったポスターの印刷の実演を見学した。

competition03-1c.jpg

 クライスト・チャーチ(Christ Church)ではデジタル・タイプに関するワークショップが開催されていた。ロバート・スリムバック氏の書体設計(Type design on the Macintosh)ワークショップでは、マッキントッシュでの書体設計を当時開発されていたミニオン・ファミリーを例に実際にマッキントッシュでのソフトウェアを操作しながら説明された。ジョナサン・ホーフラー氏の書体工房(Type studio)ワークショップでは、アウトラインのコントロールやサイドベアリングの調整がいかに効率よくおこなえるかということが強調され、コンピューターによる電子活字の設計への移行を決意させようとするものであった。

competition03-1d.jpeg

 これらのワークショップをきっかけとして、私は1991年5月にMacintosh-IIsiを購入した。同時に、書体設計に必要だと思われるソフトウェアとして、フォントグラファー(Altsys Fontographer)のほかに、イラストレーター(Adobe Illustrator)、フォトショップ(Adobe Photoshop)、ストリームライン(Adobe Streamline)を購入した。今やパーソナル・コンピューターなくして活字書体設計はできないといっても過言ではない。私の制作活動に大きな変革をもたらした。

competition03-1e.jpg

 その一方で、書写から彫刻へ、さらには金属活字へという過程を目の当たりにすることによって、肉筆と活字との関係、書写の様式化ということを考えるようになった。パーソナル・コンピューターを使って制作するようになって、私はなおさら肉筆ということを強く意識するようになった。

 第12回(1992年)、第13回(1994年)石井賞創作タイプフェイス・コンテストでは、パーソナル・コンピューターと肉筆の間で試行錯誤をくりかえしたが、残念ながら入賞することはできなかった。
 第14回(1996年)石井賞創作タイプフェイス・コンテストにおいては、「筆記具は変わっても楷書や行書の基本は変わらない」という考えかたに立って、自分の筆跡を基にしてフェルトペンで書いた書体を出品した。現在の筆記具では、毛筆を使う人は少なくなりフェルトペンが使用されることが多いということをふまえてのものだ。毛筆やペン字とは異なる雰囲気の書体になった。(つづく)
posted by 今田欣一 at 19:06| コンペは踊ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

[コンペは踊ろう] 第2章 横組み、縦組み(4)

competition02-3a.jpeg
●第11回石井賞創作タイプフェイス・コンテスト応募書体 1990年

 第11回(1990年)石井賞創作タイプフェイス・コンテストには、小瀬甫庵(1564-1640)によって著述された織田信長の一代記である『信長記』をもとに制作した活字書体を応募した。第10回書体は和様体の井筒屋本『おくのほそ道』を参考にしたが、第11回書体は対照的に漢字カタカナ交じり文の甫庵版『信長記』を参考にしたのである。

competition02-4b.jpeg
●『信長記』

◆ 書風
 応募のときに添付する制作意図には、まず書風について書いている。

 人間的な暖かさ、温もりが求められ、手書き風の書体が人気を呼んでいる中で、緊張感とか、精悍さといったものを見失っている。本当の優しさは、厳しさの中にある。厳しさの中に優しさが潜んでいるというイメージを表現できないかと考え、制作したのがこの書体である。


 第11回書体は、手書き風書体がコンテストの上位を占めているという傾向に対し、漢字カタカナ交じり文の甫庵版『信長記』に感じた「厳しさの中に優しさが潜んでいるというイメージ」を活字書体として再生させようとしたものである。
 甫庵版『信長記』は書としての評価はさほど高くないかもしれないが、荒々しさ、精悍さを感じる。ひらがな文に女性的な流麗さを感じ、漢字カタカナ交じり文に男性的な厳しさがあるように思う。
 新しいものを考える時、経験が邪魔をすることがある。ひとつのイメージを執拗に追い続ける姿勢も素晴らしいことだと思うが、私は常に新しい可能性を求めていきたいと思っていた。

◆筆法と結法
 つづいて感覚的ではあるが、筆法と結法について簡単にしるしている。

 直線的だが筆勢を感じさせるエレメント。超長体のくせに自然な伸びやかさを持ったフォルム。対立するはずの要素を消化して、宋朝風だがコンテンポラリーな、伝統と斬新が程良くミックスされたインパクトの強い書体をめざした。


 エレメント、フォルムということばを漢字や和字で適用するには無理があるかもしれない。筆法、結法というべきだったであろう。筆法はひとつひとつの点画をどう書くかということであり、結法は点画を組み合わせてひとつの完全な美しい形を整えることである。

competition02-4c.jpeg
●劉元起版『漢書』

 日本語は、幾つかの文字体系で構成されている。和欧混植ということばとともに、和漢混植ということが成り立つ。日本語の活字書体は、和字と漢字、和字と欧字をよく調和させなければならない。
 漢字は劉元起版『漢書』などに見られる割注の字様を参考にすることにした。「超長体」「宋朝風」というのはこの割注の字様を指している。割注はもともと長体なので、磔法を強調するのに好都合だったのである。

competition02-4d.jpeg
●白隠慧鶴「いろは歌」(1734年、永青文庫所蔵)

 ひらがなの筆法は白隠「いろは歌」にみられる「まわし」の転折化を基本にした。白隠「いろは歌」は、平安古筆の王朝風から脱しており、禅の精神があふれた書として高く評価されている。和字は流麗でやわらかいように思いがちであるが、骨格はシャープな切れ味をもっている。しかも面をかえしながらの直線の連続なのである。
 これは「まわし」や「あたり」にも基本的な考え方となっている。この考え方を強調して直線的にしたが、竹を割ったようにしなやかなイメージになった。この書体ではかなり極端に直線的にしたが、精悍さ、厳しさを主張しつつ、肉筆の暖かさを無くさないようにしようということである。
 文字のふところを狭くすると引き締まった感じになるし、広くすると明るくおおらかな感じになる。この書体では、白隠「いろは歌」のように逆三角形をベースにすることにより引き締まった感じになった。
「ふところ」を引き締めながら、白隠「いろは歌」をさらに誇張してラインの効果を出すために長体でデザインした。これにより右払いの伸びやかさを強調することができた。

◆章法
 長体に作られているこの書体では基本字面を半角に設定した。基本字面よりも張り出す磔法などを含めた文字全体の調和を保つように設計した。イメージが強烈なだけに作為的になってしまわないように、自然に縦組でのスピード感が出てくるように留意した。

 この書体を第11回石井賞創作タイプフェイス・コンテストに出品したが、残念ながら2位に終わった。

「今宋」制作については、「文字の厨房」にて。
posted by 今田欣一 at 18:46| コンペは踊ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

[コンペは踊ろう] 第2章 横組み、縦組み(3)

competition02-3a.jpeg
●第11回石井賞創作タイプフェイス・コンテスト応募書体 1990年

 日本語の表記上の特色は縦組みでも横組でもできるということである。汎用性からみれば縦横兼用が望ましいのだが、縦組み、横組みそれぞれのよさを追及していくと、縦組み専用、横組み専用という書体があっていいと思っていた。
 第10回石井賞創作タイプフェイス・コンテスト応募書体(以下、第10回書体と略す)は、欧字のようにラインを持たせた横組専用の書体である。第11回石井賞創作タイプフェイス・コンテスト応募書体(以下、第11回書体と略す)では逆に、漢字の左右方向にラインのようなものを設定し磔法の伸びやかさを強調した、縦組みでしか得られない特徴がでる書体はどうだろうかと考えた。
 いままでにないイメージの縦組み専用が考えられてもいいのではないかと思った。たとえば蒙古文字や満州文字は日本語とはことなるリズム感がある。日本語でも従来の縦組みにはない新しいリズム感を出したかった。そのために、逆三角形をベースに、左払いの先端ができるだけ下方を指すように設計しようとした。

competition02-3b.jpeg
●蒙古文字と満州文字
 『世界の文字』5版(西田龍雄編、大修館書店、1989年)より

日本語は複数の文字体系で構成されている。だから日本語の活字書体は、漢字と和字をよく調和させなければならない。設計に際して漢字の性格を決めてから和字を合わせていく「漢字主導型」の場合と、和字に合わせて漢字を作っていく「和字主導型」の場合があると考えていた。
 第10回書体は和字を欧文のシステムに倣って設計しそれに漢字をすりよせたので、「和字主導型」だといえる。第11回書体は漢字を設計してから和字を調和させてゆく「漢字主導型」の方法で考えようとしていた。
 漢字のみの文字列を見ていると、ぐっと伸びた横画や磔法に独特のリズムが感じられる。私は漢字の左右方向に変化をつけたら面白いのではないかと思い始めた。活字書体にはボディという制約があるので磔法を強調できないのであるが長体ならば可能だ。こうして磔法を強調した、新しい感覚の書体を設計することにした。
 文字列のイメージは、一字一字の結構によって決定づけられる。さらに一字一字は個々の点画から構成される。第10回書体は和字に合わせて漢字も曲線的なストロークで作ったが、第11回書体では逆に漢字に合わせて和字をかなり極端に直線的にした。これがさらに鋭角的なものにしてくれたようだ。
 第11回書体は、第10回書体の逆をいくことによって成り立っている。漢字主導と和字主導。横組専用と縦組専用。曲線的と直線的。裏返しにすることによって、第10回書体に対抗した活字書体の開発に挑戦していったのである。(つづく)
posted by 今田欣一 at 20:04| コンペは踊ろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする