2013年06月20日

[航海誌] 第16回 今宋

 石井賞創作タイプフェイスコンテストに応募するとき、その最終目標は第1位を取ることであった。商品化などは考えてもいなかった。それだけに第11回石井賞創作タイプフェイスコンテストで第1位をのがしたこと(第2位に終わったこと)は残念なことだったが、杉浦康平氏の審査員評に勇気づけられた。

私としては、二位の今田作品が気にいっている。トゲを持つ文字なのだが、宋朝体の気分を強調した独自のリズムが鋭角的で、魅力あるものと思うからである。

 そうして商品化することが決まった。じつは、喜びとともに「商品としてはどうなのだろう」ということが脳裏によぎっていた。第2位ともなると、心境は複雑だったのである。私が個人として第11回石井賞創作タイプフェイスコンテストに出品した書体を「第11回石井賞2位書体」、それをもとに写研で制作した書体を「今宋M」ということにする。
 「今宋M」という名称はしっくりとしなかった。宋朝体をイメージしてはいたが宋朝体ではない。国名や王朝名や姓名の「宋」とは関係ない。苦し紛れだが、もともとの意味の「住まい」のことだと勝手に解釈している。私としては「今竹(イマタケ)」を提案したのだが砕け散った。発音しづらいとの理由で不採用となったのだ。

 縦組専用書体としては、すでに石井宋朝体があったので、文字盤の配列については石井宋朝体に倣った。横組み用の約物などは制作していない。
 この石井宋朝体の制作にあたったのが、若き日の橋本和夫氏であった。橋本和夫氏は1935年大阪生まれで、1955年にモトヤへ入社した。1959年に写研へ入社し、石井宋朝体の制作にあたったそうだ。60年代から90年代の約30年間にわたり、本蘭明朝Lとそのファミリー、紅蘭細楷書とそのファミリー、曽蘭隷書などの監修にあたるとともに、これらの書体の和字書体の設計も担当した。1997年写研を退職後は、株式会社イワタの依頼に応じて、書体設計の監修を行っている。
 石井宋朝体について、橋本氏は次のように述べている。

「そのようにして、石井茂吉先生の指導・監修を受けながら、写研に入って始めた書体が、石井宋朝体です。途中で石井先生が亡くなられ、悲しい空白もありましたが、この書体の完成までには六、七年かかりましたね。僕が写研で始めたのが二四歳でしたから、終わったときは三〇歳になっていました。(中略)石井宋朝体は、宋朝体の概念をふまえながら、石井書体の思想が加味されて、それは優雅な宋朝体が生まれました。写植文字のデザインを勉強するために上京し、五、六年で大阪へ帰る予定でしたが、結局、僕は定年までの三五年余り、写研に勤めることになりました」(字游工房『文字の巨人』インタビューより)


Kitchen16e.jpg
●「今宋M」の仮想ボディ

 写研のすべての書体のプロデューサーは石井裕子社長だった。当然のように「今宋M」へも指示があった。「第11回石井賞2位書体」は8/16emで設計していたのだが、石井宋朝体と同じにするようにということだった。広く使われるためには少し横幅が狭すぎると思ったので、10/16emまで広くすることにした。
 この変更により、漢字書体においては、掠法の左張り出し、磔法の右張り出しが少し短くはなるが、左右にまだ十分なスペースが保たれており、さほど影響はないと感じられた。長体にすれば8/16emと同じような状態ができることも確認できた。

 「今宋M」の漢字書体は私と2名の社員が制作にあたった。少数精鋭(?)である。作字合成法を駆使してまとめていった。メインプレートの原字から、第1外字文字盤(MSOH S1−S7)などを同じメンバーで制作することができた。

Kitchen16a.jpeg
●「今宋M」の書体見本

 問題は和字書体にあった。ほんの少し広くするだけなのだが、イメージが大きく違ってきたのだ。一字ずつの鋭さと固さがめだってしまい、組んだときの縦に流れる優しいリズムが失われてしまっていたのだ。「第11回石井賞2位書体」は漢字主導の書体だと思っていたが、日本語としてのイメージは和字書体によって決定づけられるようだ。
 8/16emから10/16emに広げたとき、「はらい」の角度が変わってしまうと、どうしても縦に流れるリズムがなくなってしまう。角度をやや立て気味にすることにより、視線のなめらかな移動が保たれるように工夫した。少なくとも8/16emから10/16emに変更することによる被害は、最小限にとどめられたのだった。

Kitchen16d.gif
●「今宋M」の縦方向のリズム

 専用欧文文字盤は作成していない。縦組専用で、長体という設計では、欧字書体を制作しても使い道がないという判断だった。ただし記号用として全角の欧字書体は制作している。全角の欧字書体を直線だけで制作したことは、今考えると、ちょっとやり過ぎだったと思っている。
 和字書体にしても、欧字書体にしても、「第11回石井賞2位書体」と「今宋M」との間で揺れ続けた。石井賞創作タイプフェイスコンテストで評価された書体から変えてしまうことはできないという気持ちが強かった。そのために、直線ということに固執しすぎたかもしれない。いや、実は変えてしまった方が楽だったのだ。実験的な書体を商品化することへの葛藤があった。

Kitchen16b.gif
●組み見本:「竹取物語」より

 「今宋M」にとって不幸だったのは、写研の手動機用文字盤としては最後の新発売書体となったことである。すでに体制はデジタル・タイプにシフトされつつあった頃だ。どさくさにまぎれるように発売されることになった。パンフレットさえ作られなかったし、積極的に広報活動もされなかった。
 縦組み専用ということで使用範囲が限定されたし、直線だけで構成された和字書体についても抵抗感があったのだろうと思う。あまり売れなかったのだろうが、少ないながら使用例が見受けられるのはうれしい限りである。

Kitchen16c.jpeg
●使用例:『むかしのはなし』(三浦しおん著、幻冬舎、2005年)
posted by 今田欣一 at 12:48| 航海誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

[航海誌] 第15回 いまりゅう

 私が個人として第10回石井賞創作タイプフェイスコンテストに出品した書体を「第10回石井賞1位書体」、それをもとに写研で制作した書体を「いまりゅうD」ということにする。「いまりゅう」は「今流」だそうだ(今龍ではなく)。命名者の真意はわからないが、世尊寺流とか青蓮院流とかの「流」だと解釈している。

Kitchen15d.gif
●「いまりゅうD」のライン・システム

 「いまりゅうD」は横組み専用である。縦組み用の約物などは制作していない。横組み専用書体としてはすでにスーシャが発売されていたので、文字盤の配列はスーシャに倣った。スーシャは、鈴木勉氏が第三回石井賞創作タイプフェイスコンテスト(1974年)で第1位を獲得した書体をベースに、スーシャL、スーシャBとして写研から1979年に発売された横組み専用書体である。
 鈴木勉氏は1949年横浜生まれ。1969年に東京デザイナー学院を卒業し、写研(当時は「写真植字機研究所」)に入社。1972年、第2回石井賞創作タイプフェイスコンテスト第1位。1974年の第3回石井賞創作タイプフェイスコンテストでは、2回連続の第1位を獲得。第2回の書体は「スーボ」として、第3回の書体はのちの「スーシャ」として写植文字盤が発売された。1989年に写研を退職し有限会社「字游工房」設立。1998年に49歳で死去された。
 スーシャについては『鈴木勉の本』でつぎのようなエピソードが紹介されている。

 書体デザイン界の高倉健を自任し、寡黙で渋い男を標榜していた鈴木は、みんなに「スーボ」のようだと言われることが不満だったようだ。そのイメージを一掃するかのように、彼はその二年後、贅肉を削ぎ落とした繊細で都会的な横組み専用書体の「スーシャ」を制作したのである。本人はスーシャこそ自分であると思いたがっていた節がある。

Kitchen15e.jpg
●「いまりゅうD」の仮想ボディ

 漢字が全角でないという、当時としては画期的な書体である。漢字書体の仮想ボディを 「第10回石井賞1位書体」では13/16emで設定していた。そのまま進めていたところ、写研の石井裕子社長より「(同じQ数で並べたときに)他の書体より小さく見える」という指摘があり、部内で検討した結果、「いまりゅうD」では、少し大きくして14/16emに変更することになった。図のピンクのところが「いまりゅうD」の仮想ボディである。これにより、和字が下側に張り出すのは3/16emから2/16emになった。2/3の長さしかとれなくなったのだ。
 漢字書体での、見た目の大きさは近づいたが、商品としての使いやすさを優先したばかりに、「第10回石井賞1位書体」の特徴である和字(かな)書体の伸びやかさが失われたのは否めないことであった。杉浦康平氏の審査評がずっと気になっていた。

石井賞を受賞した今田氏の作品は、「手」の動きを生かし、アルファベットのアッセンダー/ディセンダーに似た、視線の律動快感を生みだした。文字は音(ノイズ)やリズム、さらにほどよい冗長度によって魅力を加える。文字が秘める音楽的な力を巧みに引き出している。

 それでも、別の審査員から挙げられた「漢字の大きさを少し押さえ過ぎた」などの指摘を踏まえて、さまざまな試作を重ねながら書体見本を作成した。とくに「第10回石井賞1位書体」の掠法はトメになっている点について、「いまりゅうD」ではハライにした。そうすることによって、できるだけ伸びやかさを失わないようにした。
 漢字書体は私と5名の社員が制作にあたった。個人差が出やすい書体だったが、作字合成法を駆使してまとめていった。メインプレートの原字から、第1外字文字盤(DRYU S1−S7)、汎用外字文字盤(DRYU HG1−2)、正字文字盤(SDRYU B1−2)の原字まで、ほぼ同じメンバーで制作することができたのはよかった。

Kitchen15a.jpeg
●「いまりゅうD」の書体見本

 欧字(ラテン文字)はもちろん、和字(かな)もプロポーショナル先行で制作した。つまり欧字書体の欧文文字盤(E208-34)と和字書体のつめ組用かな文字盤(TDRYU Y1−2)とを制作してから、メインプレートに収録される欧字書体と和字書体の原字を制作することにしたのだ。
 和字書体をプロポーショナルから制作したのは写研では「いまりゅうD」が初めてである。16ユニット・システムという制約はあったが、これは画期的なことなのである。ある審査員から挙げられた「和字のグループ分けに無理が感じられるところがある」などの指摘を踏まえて、また2/16emになった張り出し部分を有効に利用するように、さまざまな試行錯誤をくりかえしながらまとめていった。
 欧文文字盤とつめ組用かな文字盤、さらに専用記号文字盤(DRYU-SB)の原字は、私がひとりで担当した。
 こうしてメインプレート、第一外字文字盤、汎用外字文字盤、欧文文字盤、つめ組用かな文字盤、専用記号文字盤のすべてが完成し、1990年10月に発売された。

 これで打ち上げとなるはずであったが、前代未聞の書体である「いまりゅうD」には大きな試練が待ち受けていた。
 漢字書体は、当然14/16em送りに設定して使用するのだが、欧文文字盤やつめ組み用かな文字盤のように自動送り機能に対応した文字盤を使用する場合には一旦14/16em送りを解除してからでないと自動送り機能が使えなかった。使いづらいとのクレームが殺到したそうである。
 石井社長の指示で、原字の問題として対処することになり、14/16emを基準にした新しい16ユニット・システムに設計し直さなければならなくなった。これにより、和字書体、欧字書体および記号関係は全面的に作り直しになった。この結果、欧文文字盤、つめ組み用かな文字盤などでも、あらかじめ14/16em送りに設定しておいてからでないと使用できなくなった。
 修整後のメインプレート、欧文文字盤、つめ組み用かな文字盤および専用記号文字盤は、同年12月にようやく販売が開始された。見た目にはあまり変わりがないようで、(a)という改訂コードが付けられているが、実際には大幅な設計変更だったのである。

Kitchen15b.gif
●組み見本:「方丈記」より

 「いまりゅうD」は横組み専用であり、当時としては斬新すぎた書体であったためか、大々的なヒットにはならなかった。それでも目の肥えたデザイナーからの支持を得て、書籍のカバーなどで使用されている。

Kitchen15c.jpeg
●使用例:『続プログラマの妻たち』(ビレッジセンター編、株式会社ビレッジセンター出版局、1993年)

※「いまりゅうD」のメインプレート、第1外字文字盤(DRYU S1−S7)、汎用外字文字盤(DRYU HG1−2)、正字文字盤(SDRYU B1−2)、欧文文字盤(E208-34)、つめ組用かな文字盤(TDRYU Y1−2)、専用記号文字盤(DRYU-SB)を欣喜堂で保管している。

続きを読む
posted by 今田欣一 at 13:09| 航海誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

[航海誌] 第14回 ボカッシイ

 石井賞創作タイプフェイスコンテストにおいて、「1位、2位、3位に入賞した書体の著作財産権は、株式会社写研に帰属する」というのが応募の際の条件であった。応募者は、これを承知の上で応募したということになる。
 ただし、入賞した書体、つまり著作財産権を移譲された書体のすべての商品化が約束されたものでもなかった。商品化するかどうかは、写研の判断に委ねられていた。商品化が決定されると、応募者(制作者)と、制作料、制作字数、制作期間などの交渉が始まる。次のような制作方法があった。

1 すべての字種を応募者が請け負う
2 一部を応募者が制作し、それ以外を写研もしくは第三者が制作する
3 すべての字種を写研もしくは第三者が制作する

 第7回石井賞創作タイプフェイスコンテスト第1位入賞書体の場合、応募者が写研の社員(私)であったために、必然的に「3 すべての字種を写研で制作する」ということになった。入賞した時点で、個人としての私ではなく、社員としての私が、業務命令で制作するということになったわけである。よく聞かれるのだが、もちろん給料のみで、それ以外の制作料などが発生することはなかった。
 写研で制作したこの書体は「ボカッシイG」と名付けられた。ナール、ゴナの「ナ」、スーボ、スーシャの「ス」と同様に、ボカッシイの「イ」は、イマダの「イ」である。当初は「キントーン」が考えられたが、類似商標があったので採用されなかった。私が個人として第7回石井賞創作タイプフェイスコンテストに出品した書体を「第7回石井賞1位書体」、それをもとに写研で制作した書体を「ボカッシイG」ということにする。

Kitchen14a.jpeg
●書体見本

 結法の参考にしたのは「ゴナU」である。できるだけ太く、できるだけ方形にした方が「ボカッシイG」には効果的であった。したがって、「第7回石井賞1位書体」より「ボカッシイG」のほうがより太く、より方形になっている。
 「ゴナU」の制作者は中村征宏氏。1942年、三重県生まれ。看板業、印刷会社、テレビ局、デザイン・フィニッシュスタジオに勤務ののち、第1回石井賞創作タイプフェイスコンテスト第1位入賞を機に書体デザイナーとなっている。著書に『新技法シリーズ 文字をつくる』(美術出版社)がある。
 「ゴナU」は、当時最も太かった「石井特太ゴシック」よりも、もっと太い角ゴシックを作って欲しいという写研からの依頼によって制作された。これ以上は無理だろうと思われるぐらいの太さは、その当時では考えられないものだった。その発想は欧字書体のサンセリフ(筆者註:おそらく「ユーロスタイル・ボールド(Eurostile Bold)」ではないか)にあったという。

「直線的な線は、雰囲気はないかもしれないけど、シャープでモダンになるかなぁというのもありました。アルファベットの感覚を持ち合わせたかったですね。ゴナは毛筆から卒業したというか、筆を引きずらないで別のものにしたということを評価していただけると非常に嬉しいですね(笑)」(字游工房『文字の巨人』インタビューより)

 「ボカッシイG」は、「ゴナU」で提案された方形の結法に、隷書の筆法を濃淡という表現手法で加味した書体であるともいえる。

Kitchen14e.gif
●ボディと45度ライン

 気になっていたのは、「第7回石井賞1位書体」に対する杉浦康平氏の審査評であった。

今年度一位の今田作品では、文字が印刷されあるいはブラウン管のなかに立ち現れる、いわばメディアの中で再生されるときに負荷される、雑音や歪みそのものをモチーフにした、着想の妙が評価されたと思う。しかし、ボディを埋めこむ45度斜線が、時に曲線部分のふくらみに視覚的歪みを与え、字形自身のふくらみを失わせたのは惜しい。雑音性の中に品位を見いだすことこそ、主題となるべきである。

 45度ラインに規制された書体なので、とくに45度と平行になってしまう掠法や啄法を描くには無理がある。そこで45度ラインを意識しつつ、「視覚的歪み」をなくすよう微妙に調整していった。さらに45度と少しだけずれる側法や磔法の収筆なども45度ラインに沿わせないで調整した。

Kitchen14b.jpg
●「ボカッシイG」の制作現場

 「ボカッシイG」の制作には、私を含む延べ10人以上の写研社員が携わっている。彼ら制作スタッフからは、「悪魔の文字」と思われていたかもしれない。そのうちのひとりが、たわむれに「涙のボカッシイ」という歌をつくった。

目は疲れるし 肩は凝るし
やたら気分は滅入るし
頑張っていても 進まないし
なんとか早く 逃れたかったよ
仕事だから 仕方ないけれど
二度とは もうやりたくないさ

いつまでも いつまでも
僕は忘れないよ 涙のボカッシイ

 こうしてメインプレートに収録される字種が終わったとき、写研の石井裕子社長より「あなたは書道の基本がわかっていない」との叱責を受けた。「濃淡の付け方が、楷書とは異なっている」というものであった。つまり、掠法の先端などは弱くするべきだというのである。「隷書の筆法をもとにしているのだし、先端を細くすること自体が無理なのになあ」と内心は思っていた。
 橋本氏や鈴木氏と相談して作戦を練った。結局、何種か試作して、現状より少しだけ調整する方向で石井裕子社長にもなんとか理解していただけた。全面的な修整作業が必要になってしまったが、最小限のものだったので、ほっと一息ついたものだった。

Kitchen14c.gif
●組み見本:「徒然草」より

 1983年11月、「ボカッシイG」のメインプレートおよび専用記号文字盤(BKIG-SB)、専用欧文文字盤(E71-54)が先行発売された。第1外字文字盤(BKIG-S 1−7)が発売されたのは翌1984年のことだったと思う。1982年夏から1984年秋までの足かけ3年を費やしたことになった。
 発売されるや否や、アートディレクターの浅葉克己氏により、ポスターや広告に使用された。さらに、多くのデザイナーの支持を得て、書籍のカバーなど幅ひろく使用されている。

Kitchen14d.jpeg
●使用例:『占術家入門報告』(中沢けい、朝日新聞社、1996年)

※「ボカッシイG」のメインプレートおよび専用欧文文字盤(E71-54)を欣喜堂で保管している。

続きを読む
posted by 今田欣一 at 13:34| 航海誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする