2019年07月17日

[見聞録]第6回 本蘭アンチックのこと

株式会社写研大阪営業所の新しいビルディングが竣工したのは1992年10月のことであった。その際に社長の指示で、「定礎」の文字の原図のレタリングを、当時試作していた「本蘭アンチック(仮称)」で描いた。
「定礎」とは、礎を定めるという意味である。ビルやマンションの入口の周辺に御影石または金属製のプレートを使用し、「定礎」という文字と竣工日を入れるのが一般的になっている。
この「定礎」の文字が太い楷書で描かれているのはよく見かけるが、このような新しい書体で描くというのは珍しいことだと思う。
本蘭アンチックは、本蘭明朝ファミリーにつづく書体として、本蘭ゴシック・ファミリーとともに試作していた。本蘭ゴシック・ファミリーは2000年に発売されたが、本蘭アンチックが制作されることはなかった。
株式会社写研大阪営業所も今はなく、別の会社が入っているようだが、ビルディングの玄関脇にある「定礎」と「92年10月」の文字は、このビルが取り壊されない限り残される。本蘭アンチックの唯一の証である。


追記@
関西在住の方に、「定礎」の写真を撮影していただきました。

teiso9210a.jpg

横画の起筆を斜めにすると右上がりになるのが自然であり、横画を水平に運筆するために横画の起筆を垂直に入れるようにしています。試作していた本蘭アンチックを「定礎」用に改良したので、掠法(左払い)の先端が太くなっています。


追記A
1995年の広告を見つけました。

koukoku.jpg

本蘭アンチックUは、本蘭A明朝Uに改名されて発表したのでした。Aはもちろんantiqueの頭文字です。私は本蘭A明朝Uには馴染めないので、本蘭アンチックUを使い続けることにしています。
1995年当時、本蘭ゴシック・ファミリー、ナール・ファミリーとともに、本蘭アンチック・ファミリーの開発が進められていました。本蘭ゴシック・ファミリーは、最終的に本蘭ゴシック L、M、D、DB、B、E、H、Uが2000年に発売されました。ナール・ファミリーも、ナールH、Uが加わりました(Bのみ未発売)。
発表したにも関わらず、本蘭アンチック・ファミリーだけがなぜか取り残されています。