2019年01月26日

川越に活版印刷が戻ってきた!

川越の櫻井印刷所が約30年ぶりに活版印刷工場を復活。2019年1月26日、そのお披露目会に招待していただきました。

kawagoe20190126a.jpg

櫻井印刷所の櫻井理恵社長のご挨拶。つづいて川合善明川越市長の祝辞。

kawagoe20190126b.jpg

工場の外観は、ほしおさなえさんの小説に出てくる「三日月堂」を思わせる懐かしさあふれる佇まいです。工場前には川越市内の飲食店、雑貨店の出店も。

kawagoe20190126c.jpg

活字。これでも往時の半分ぐらいだとか。

kawagoe20190126d.jpg

岩田母型の常用漢字表。

kawagoe20190126e.jpg

メディアのインタビューに応じる櫻井社長。

kawagoe20190126f.jpg

kawagoe20190126h.jpg

kawagoe20190126g.jpg

印刷機。これから名刺やハガキの受注をはじめるそうです。

kawagoe20190126i.jpg

むかしの張り紙もそのまま残されていました。

posted by 今田欣一 at 21:21| 埼玉の翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

[吉備の国から]2019年初春の旅

2019年1月2日、倉敷・蟲文庫を訪ねて

OkayamaD-01.jpg

田中美穂さんの『わたしの小さな古本屋』を読んでから、いつか訪れたいと思っていた「蟲文庫」にやっと来ることができました。『わたしの小さな古本屋』のジャケットには「きざはし金陵M」が使われていました。

OkayamaD-02.jpg

風情のある街並みに溶け込んで、素敵な場所にありました。

OkayamaD-03.jpg

OkayamaD-04.jpg

OkayamaD-05.jpg

思っていたよりさらに小さな空間でした。古本屋なのですが、観光客でいっぱいになっていました。記念に文庫本一冊を買ってきました。

近くの阿智神社で初詣。最近は参拝が行列になるようです。境内の能舞台では「三女神の舞」が行われるということでしたが、私がお参りした時間は何かのライブが行われていました。

OkayamaD-06.jpg

倉敷川河畔を散策してから帰途につきました。

OkayamaD-08.jpg

OkayamaD-07.jpg


2019年1月3日、片鉄ロマン街道を歩く

高校時代には通学で利用していた片上鉄道が廃線になって25年になります。今は片鉄ロマン街道というウォーキング、ジョギングandサイクリング・ロードになっています。久しぶりに歩いてみることにしました。

OkayamaE-01.jpg

旧清水駅はホームが残されており、周辺は公園として整備されていました。近くに「ギャラリー&蕎麦 栂」があるのですが、年末年始は休業でした。

OkayamaE-02.jpg

旧清水駅から旧中山駅に向かって歩きました。跡形もなくなっている旧中山駅を通り過ぎてさらに進むと、備前焼作家・宮尾昌宏さんの工房があります。継承されていってこその伝統工芸です。

OkayamaE-03.jpg

備前焼といえば、マンガ「ハルカの陶」。映画化されるそうです。

OkayamaE-04.jpg



2019年1月4日、旧閑谷学校・読初の儀

ことしも旧閑谷学校の恒例行事「読初の儀」に、高校生(和気閑谷高校、備前緑陽高校)にまじって参加しました。以前は「読始の儀」と言っていた気がしますが、ことしは「読初の儀」になっていました。記憶違いだったのでしょうか。

OkayamaF-01.jpg

参加者全員、聖廟で孔子像に拝礼しました。

OkayamaF-02.jpg

OkayamaF-03.jpg

講堂で論語の朗唱と解釈。そして、新年の抱負の発表。高校時代に戻ったような気分を味わいました。

OkayamaF-04.jpg

OkayamaF-05.jpg

最後に全員で講堂の掃除をしました。テレビや新聞の取材も入っていたので、ローカルニュースで出るはずです。

OkayamaF-06.jpg

閑谷学校を舞台にした小説です。

OkayamaF-07.jpg



posted by 今田欣一 at 21:46| 吉備の国から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする