2017年02月15日

ほしくずやB みそらの物語

札幌市北区に本社がある「イメージナビ株式会社(旧社名データクラフト株式会社)」と委託契約を結び、同社の運営する「designpocket」というサイトでダウンロード方式によるデジタルタイプの販売を始めたのは2008年のことだから、もう10年近くになる。
同社では、「イメージズ事業」および「ソリューション事業」を展開している。前者では高品質ストックフォト、フォントのダウンロード販売サイトなどの運営、後者ではウェブサイトの企画・デザイン・構築・運用、ウェブシステムの受託開発を行っている。


「セイム」「テンガ」「ウダイ」の総称を「みそら」クランとしている。「みそら」(御空)とは、空の美称である。
「セイム」は、欧字書体のローマン体、漢字書体の現代明朝体と組みあわせる和字書体として制作したものである。つぎに、欧字書体のサンセリフ体、漢字書体の黒体(現代ゴシック体)と組みあわせる和字書体として、「テンガ」を制作した。また、欧字書体のスラブセリフ体、漢字書体の黒宋体(現代アンチック体)と組みあわせる和字書体として「ウダイ」を制作した。
『レタリング 上手な字を書く最短コース』(谷欣伍著、アトリエ出版社、1982年)の本文に使われていた試作書体からひらめいて、現代的な明朝体、ゴシック体などに組み合わせられるように設計した。

sapporo4-1.jpg

制作した当初、漢字書体は平成書体を念頭に考えていたので、ウエイトもそれぞれ、W3、W5、W7、W9を制作している。平成明朝、平成ゴシックはあるが、平成アンチックは制作されていない。そもそも漢字書体のアンチック体など、当時は存在しなかったのだから仕方のないことだ。
どこかで、○○明朝ファミリー、○○ゴシックファミリー、○○アンチックファミリーが揃ったとき、「セイム」「テンガ」「ウダイ」の更なる展開が期待できる。「ウダイ」は一番人気があるので、なおさらそう思うのである。
posted by 今田欣一 at 13:54| 札幌の虹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

白澤書体で写植文字盤をつくろう(二)

簡易文字盤「四葉」をもちいて写真植字用の文字盤をつくるというプロジェクトのサンプルとして、 フィルムに原字(仮想ボディ48mm)をデザインしたものを縮小して、「簡易文字盤 文樹・四葉 デザイン用紙」に貼付してみた。

hakutaku02-01.jpg

hakutaku02-02.jpg

デザイン用紙という名称であるが、「原版」に当たるものである。初期のころには紙の原版も用いられていたが、製品となるものはガラス製の原版であり、テスト用でもフィルム原版だった。簡易文字盤としては、この台紙が用意されていた。
原字48mmを12.75mmに縮小する。これも製品の原版とは異なる寸法である。あくまで簡易なので、ユーザーのためにやりやすくしたものと思われる。印刷されたピッチにセンター・トンボを合わせて、「白澤中明朝体」「白澤太ゴシック体」「白澤太アンチック体」それぞれを一文字ずつ切り離して貼り込んでいく。これを仮想ボディ4.25mmに縮小してネガフィルムにして貼り込めば、簡易文字盤「四葉」の完成となる。
簡易文字盤「四葉」はこのようにして作ったという追体験をすることがこのプロジェクトの目的である。今回作成した「原版」は、だいたいこのようなイメージになるという説明のために作成したものだ。印刷された台紙をコピーして作ったものなので精度が著しく劣る。実際に制作するときには、精度のいい台紙を新しくつくろうと思っている。
posted by 今田欣一 at 08:29| ワークショップへようこそ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

ほしくずやA くみうたの物語

札幌市厚別区にある「北海道開拓の村」は北海道百年を記念して設置された野外博物館で、1983年(昭和58年)に開村した。北海道の開拓の過程における生活と産業・経済・文化の歴史を示す建造物等を移設、復元して保存している。
ビジターセンターは1873年(明治6年)に建てられた「旧開拓使札幌本庁舎」を再現したものである。開拓当時の情景も再現して、北海道の開拓の歴史を身近に学ぶことのできるほか、開拓時代当時の年中行事の再現や、当時の遊戯文化や伝統技術の伝承活動も行っている。


明治時代の木版教科書、『中等国文 二の巻上』(1896年、東京・吉川半七藏版)に所収されている「択捉島」(近藤守重)などの本文は楷書体だが、「蝦夷よりの手紙」(近藤守重)は行書体なのだ。
彫刻の味わいが残るいい書体だと思った。毛筆で書かれた文字が、彫刻刀でなぞられることによって力強さが加味されたようだ。じんわりと好きになってきた。
欧字書体のローマン体とセットになったイタリック体を思い出した。そこで楷書体と行書体、それぞれに組み合わされることを想定した和字書体を制作することができないものかと考え、楷書体と組み合わせる和字書体を「ゆきぐみ」、行書体と組み合わせる和字書体を「はなぐみ」として制作した。

sapporo3-1.jpg

sapporo3-2.jpg

さらに昭和初期の地図『東京』(1934年、大日本帝国陸地測量部)の等線の手書き文字を参考にして、隷書体と組み合わせることを想定した和字書体を加えた。これが「つきぐみ」である。漢字書体の楷書体・行書体・隷書体をむすぶ書体の一族が誕生したのである。
「ゆきぐみ」を明朝体に、「つきぐみ」をゴシック体に組み合わせる和字書体を同じコンセプトで制作することにした。「ゆきぐみラージ」「つきぐみラージ」である。漢字書体の楷書体・行書体・隷書体にくわえて、明朝体・ゴシック体をふくみ、それぞれがファミリーを形成するという今までにない壮大な構想ができあがった。

これらの総称を「くみうた」クランとした。「くみうた」(組唄)とは、三味線や琴で既成の歌詞をいくつか組み合わせて1曲に作曲したものである。「くみうた」クランは、和字書体のみとした。
日本語を組むためには漢字書体、欧字書体も必要だが、これらは他社の書体との混植することを前提にしている。どこか特定のメーカーということではない。主要なメーカーを、「くみうた」クランでつないでいくということなのである。
同じウエイト表記であっても、メーカーによって微妙な違いがあるので、たとえば「モトヤフォント用」「イワタフォント用」というような、各メーカーに対応したバリエーションを、微調整しながら作るという方向もあるのではないかと思う。
posted by 今田欣一 at 08:43| 札幌の虹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする